インドへの投資

近年、インド政府による政策の変更により、インドは急速に成長する経済国となりました。最も魅力的な投資先の一つとして、世界中の投資家から注目されています。

急成長するインド経済

  • IMF(国際通貨基金)は、インドは2020年まで成長し続ける可能性が高いとの予測を発表しました。2014年以降GDPは毎年7%以上のペースで上昇しており、2018-2019年間のインド国内総生産(GDP)は前年比7.6%以上の割合で増加するとも予測されています。
  • 世界銀行によると、インドの購買力平価(PPP)はGDP2.1兆米ドルを上回り、世界第3位の経済国となりまた。
  • インドは今日、世界で最も急速に成長している経済国です。中国の経済力をしのぐ日はそう遠くありません。
  • インドは2015年の外国直接投資(FDI)の投資先において、上位10位国のうちの一つです。
  • 近年、ビジネス環境において、魅力的な国として注目されています。世界銀行によるビジネス環境ランキング(2014-2015年)では、12箇所の評価項目が大幅に改善しました。(出典:ビジネス環境ランキング、世界銀行)。
  • 近年、インドの外国為替取引は安定しています。現在インドの準備金は3,713億2,700万ドルです。(出典:2016年9月9日、インド準備銀行)。

インドの人口統計データ

  • 2030年にはインド総人口の約32.3%が若者を占めると予測されています。2010年の人口統計データでは、総人口のうち若者が占める割合が過去最大でした。
  • インドの労働人口の割合は2021年までに64%以上に達し、20-35歳の若者が多数いることが調査で明らかになっています(出典:Economic Survey 2014)。
  • インドの経済成長がこのまま続くと、平均家計所得は3倍になり、2025年には世界第5位の消費者経済になるとの調査結果があります。(出典:The Bird of Gold、McKinsey Report
  • 2020年には、インドは大学卒業者数が世界最多になります(出典:Morgan Stanley Research

インドの政策

  • 防衛産業、建設業、金融業、放送業、製薬業、航空業などの分野で海外直接投資の政策について改革が行われています。
  • 外国人投資家は、個人又は合弁企業として、インドに投資することができます。
  • 自動車業、食品加工業、建設業などの企業は政府の承認は必要とせずに、海外直接投資が許可されます
  • 2016年度の政府予算の決議において、インド政府は製造業を活発化させ、GDPを上昇させる意向を示しました。
  • 中央政府と州政府は、製造業を促進するための政策立案、製造業企業への助成金の付与を行っています。
  • 将来の成長を促進するために、インド政府はインフラ整備のための予算を増加しました。