ソース:Economic Times

明日、貿易政策フォーラム(TPF)の閣僚レベルの会議に先立ち、インドと米国の商務省の高官が本日、さまざまな貿易関連の問題について議論しました。

「率直な意見交換がありました。 私たちは引き続き協力し、共通の目標に向けてどのように取り組むことができるかを確認します...(いくつかの)問題が提起され、議論されました。これらの問題に関するお互いの視点を確認したいと思います。」

USTR副ロバートホリーマンは、双方がさまざまな問題を議論したと述べた。

「私たちは素晴らしいエンゲージメントを持っていました。 明日TPFの事前作業を準備するために、議論を行う良い機会でした。 それは生産的な議論であり、フォローアップの約束に同意しました」とホリーマンは言いました。

彼は共同声明が明日発行されると述べた。 ビザ、合計契約、いくつかの農産物の市場アクセス、およびIPRに関連する問題は、今日の1日の会議で明らかになると予想されます。

TPFミーティングの一環として、商工産業大臣Nirmala Sitharamanは、明日、米国代表団(USTR)のMichael Froman代表団とこれらの問題について協議します。

2010以来会っていないTPFは、両国間の貿易と投資の問題の議論と解決のための主要な二国間フォーラムです。

現在の両国間の二国間貿易は、およそ100億ドルでした。 インドは、4月12.32から8月2000の間に、米国企業から2014億ドルのFDIを受け取っています。