監査業務

弊社は、インド公認会計士協会の推奨する基準に準拠した監査を実施しています。以下の業務を通して、クライアントの財務情報の妥当性・信頼性を評価します。

会社法監査

会計基準およびガイドラインに準拠して、財政状態を公正かつ正確に表示しているかどうかを判断する監査です。

税務監査

インドの所得税法の規定に従って監査し、納付及び申告を行います。

移転価格監査

移転価格は、関連企業・子会社間との取引の価格のことを指します。移転価格の対象となるのは、知的財産、有形財、サービス及び貸付又はその他の資金調達取引などです。

また、クライアントに関連する企業との間で取引される商品及びサービスに対する価格の妥当性を判断します。

内部監査

以下の業務のような、社内活動の改善もお任せください。

  • 業務プロセスの分析
  • 業務プロセスのリスク評価
  • 財務・資産運用、コンプライアンス等のリスク評価
  • 内部統制の分析
  • 経営改善計画の支援
  • 効率的な事業遂行の再評価
  • 事業プロセスの立て直し
  • SOP(標準業務手順書)の作成

マネジメント及び業務分析

組織全体の効率性を改善するお手伝いをします。コストセンターやその他の業務機能(購買、販売、在庫、固定資産など)の妥当性、効率性、経済性を評価します。

ビジネス・プロセス分析

従業員のパフォーマンス評価など、経営資源が効率的かつ効果的に管理されているかどうかを評価します。

IFCFR

企業の財務情報を管理します。会計原則に従い、財務報告の信頼性を改善し、財務諸表を作成するための資料を作成します。

フォレンジック会計

 

詐欺や不正使用の疑いのある問題を調査するために、経営陣の要請に基づいて実施される監査です。詐欺に対する危機管理、ライセンス・ソフトウェア管理は、この監査の対象となる主要分野です。

 

情報システム監査

IT監査は、情報技術(IT)による監査です。 IT監査は、「自動データ処理(ADP)監査」および「コンピュータ監査」とも呼ばれます。