ソース:Economic Times

2013-14のインドの1人当たりの所得(生活水準を評価するための尺度)は、6,699-2013の場合、政府が国民勘定を測定するための基準年を更新した後の以前のRNUM

政府は今日、基準年を2011-12から2004-05に改訂することにより、国民勘定計算方法を変更しました。

2012-13および2011-12では、1か月あたりの1人当たりの収入はそれぞれRs 5,966.08およびRs 5,359.67で推定されました。統計とプログラム実装省(MOSPI)が発表したデータが示しています。

「現在の価格での1人当たり純国民所得として推定される現在の価格での1人当たり所得は、それぞれ64,316-71,593、80,388-2011、12-2012年のRs 13(年間)、Rs 2013およびRs 14で推定されます。 」データを示した。

2013-14年の現在の価格での1人当たりの個人最終消費支出(PFCE)は、1か月あたりRs 4,511.08でした。

「現在の価格での1人あたりPFCE、2011-12、2012-13、および2013-14の年は、それぞれRs 41,728(年間)、Rs 47,572、およびRs 54,133と推定されます」と付け加えました。

1人当たりの収入と1人当たりのPFCEを推定するために、政府は国勢調査2011に基づく人口予測データを使用しました。

国民経済計算の基準年の変更は、2013-14の経済成長率を6.9パーセントに押し上げるのに役立ちましたが、古いシリーズに基づく以前の推定は4.7パーセントでした。

政府は、5年ごとに国民経済計算を計算するために基準年を改訂します。 最後のそのような変更は2010で行われました。