Business In India

インドでは、投資による高い収益が見込まれます。そのため、外国人投資家はインドでの投資事業を拡大しています。また、多くのグローバル企業がインドで事業を展開しています。

インドで数多くの企業が成功しています。インド企業及びグローバル企業は長年にわたり、大きな利益を生み出しています。これらの企業は更に利益を生み出すために、投資や新規事業を積極的に行っています。製品の多様化、製造拠点の設立、既存の生産能力の強化、R&D拠点の設立により、インドにおける企業活動を更に拡大することが期待されます。

インド政府は、近年の自国の経済成長をうけ、世界経済と調和するために、慎重に政策づくりを進めています。

成長の可能性

インドは、2016年から2020年にかけて平均8%の経済成長が見込まれています。これに伴い、金融、最新技術の導入、都市化などにおいて改革を進めています。(Goldman Sachs Report)。

インド経済は次の10年で4兆5,000億米ドルに倍増すると予想されています。これを推進する上で、インド政府が掲げる「The make in India」と「Digital India」の政策は、不可欠な役割を果たし、世界で3番目に大きな経済大国となるでしょう。

また、2015年に発表された国連貿易開発会議(UNCTAD)の世界投資報告書では、インドは上位10ヵ国中9位であり、前年度の15位と比較し、改善したことがわかります。

投資先として人気な業界は、バイオテクノロジー業、卸売業、不動産業、建設業、電力業界、通信業、航空産業、ヘルスケア業、産業オートメーション業、重工業、農業と自動車業などが挙げられます。

海外直接投資を促進するためのインド政府の取り組み

インド政府は、建設業に関する海外直接投資政策を修正しました。修正箇所には、活動領域の制限の緩和、最低資本金の縮小、プロジェクトの撤退手続きの簡素化などが含まれます。

インド政府は、海外直接投資(FDI)の投資制限の緩和や自動承認ルートの拡大など、外国直接投資の制限を更に緩和する予定です。これまでインド政府は、15つの業界で海外直接投資政策を緩和しています。この緩和政策の恩恵を受けた主な産業は、防衛産業、不動産業、銀行業、航空業、小売業、放送業などです。

  • インド政府は近年、海外直接投資政策を緩和しました。これにより、インド系移民や在外インド人による投資は国内投資として扱われ、海外直接投資に含まれません。
  • 経済省(CCEA)は、承認を必要とする外国直接投資の最小金額を1,870百万米ドルから4億6,900万米ドルに引き上げました。これにより事務手続きが簡素化され、外国からの投資が活発になることが見込まれます。
  • インド政府は、鉄道建設において、100%まで海外直接投資を認可する方針を掲げました。この方針では、外国企業が列車を運行することを許可していませんが、線路敷設や新幹線などの列車供給の分野への投資を認めています。
  • インド財務省は、インドをより魅力的な投資先にする施策を打ち出しています。例えば、20億米ドル以上の投資業務に携わる外国企業の主要人物に対する、居住許可の緩和、高級住宅の特別パッケージの付与、長期滞在のための居住許可、公共料金の割引などが認可されました。