CBDTは、払い戻し請求で提出されたITRの処理の時間制限をAY 2017まで延長します-2018は31 / 12 / 2019に延長されました

技術的な問題、または関係する被査定人に起因しない他の理由により、AY 2017 – 2018までのさまざまな査定年数回の返品は、sの下で有効に提出されます。 所得税法の139または142(以下「法」と呼びます)をsで処理できませんでした。 所得税法の143(1)。 その結果、そのような返品の処理に関する通告は、その返品がsの2番目の条件で規定されているように提出された1会計年度の期間内に送信できませんでした。 法の143(1)。 これにより、納税者は法律の規定に従って正当な払い戻しを受けることができなくなりますが、遅延は彼に起因するものではありません。

納税者が直面する困難を緩和するために、CBDTは、その権限により、Prの行政承認前にそれを保持しました。 関係するCCIT / CCIT、sの下での処理の暗示。 143(1)は、31まで関係する被評価者に送信できます。st 12月の2019。 払い戻しの発行を含む、法の下でのすべてのその後の効果も、規定の手順に従って従うものとします。 ただし、この緩和は次の状況には適用されません。

-AY 2017 – 2018より前のAYに対して提出された返品。これらは精査中であり、sの規定を考慮して処理されませんでした。 法の143(1D)、

-返品は未処理のままです。返品で要求が支払可能として表示されるか、処理後に発生する可能性があります。

-返品は、被評価者に起因する何らかの理由で未処理のままになる場合があります。

参照用に添付された完全な通知。