CBDTは、sの下で行使されるオプションに関する説明を発行します。115BAA

CBDTに関しては、29 / 2019 dtdはありません。 2nd 10月2019は、納税者がsを選択した場合の説明を発行しました。 税法(改正)条例、115を通じて挿入された所得税法の2019BAA。

  1. 条例は、一度、納税者はsの下で税金を支払うオプションを行使すると述べています。 115BAA、その後撤回することはできず、その後のすべての評価年に適用されます。 CBDTの循環添付アドレス、納税者によって提起された以下の懸念:

-追加の減価償却による繰越欠損金の許容。

-繰越MATクレジットの許容度

  1. 運動中。 115BAA、国内企業は、sの下で追加の減価償却の利益を請求することはできません。 32(1)(iia)。 同じことに起因する繰越損失でさえ、繰り越すことはできません。 したがって、sの下で税金を支払うオプションを行使する国内企業。 115BAAは、sの下で減価償却費を請求できません。 32(1)(iia)オプションが行使された年およびその他の年。 ただし、国内企業がsを選択する時間制限はありません。 115BAA。 したがって、追加の減価償却に起因する繰越欠損金がすべて相殺されると、sの下で税金を支払うオプションがあります。 115BAAを行使できます。

  1. s.115JBの規定は、sの下で税金を支払う会社には適用されません。 115BAA。 したがって、sの下でオプションを行使する国内企業によって支払われたMATの税額控除が明確になります。 115BAAは、そのようなオプションを実行するために利用できません。 さらに、sを選択するためのタイムラインが規定されていないため。 115BAA、MATのクレジットが利用された後、国内企業はsを行使できます。 115BAA。

参照用に以下の通知を完了してください:

https://www.incometaxindia.gov.in/communications/circular/circular_29_2019.pdf