206年1月1日から施行される新しいセクション2020C(10H)は、売り手(前会計年度の売上高が50ルピーを超える人)がその価値のある「商品」を販売する場合、個別にまたは合計で0.1ラックルピーを超える場合、売り手は、買い手から50ラックルピーを超える販売対価の価値に対して、XNUMX%の源泉税を徴収するものとします。

続きを読むにはここをクリック.