ソース:TaxGuru

2013会社法に基づく企業の社会的責任(CSR)義務

-CAサンディップカウシャル

CSRの紹介

企業の社会的責任は、ビジネスモデルに統合された企業の自主規制の一形態です。 CSRポリシーは、企業が法律の精神、倫理基準、および国内または国際的な規範を積極的に遵守することを監視および保証する自主規制メカニズムとして機能します。 一部のモデルでは、企業のCSRの実装はコンプライアンスを超えており、「企業の利益や法律で求められているものを超えた、何らかの社会的利益を促進するように見える行動」に従事しています。 目的は、積極的な広報活動、ビジネスおよび法的リスクを減らすための高い倫理基準、および企業行動に責任を負うことによる株主の信頼を通じて、長期的な利益を増やすことです。 CSR戦略は、企業が環境や消費者、従業員、投資家、コミュニティなどの利害関係者にプラスの影響を与えることを奨励します。

CSRの適用性

会社法、135および規則のセクション2013は、Rs 500 crore以上の純資産、またはRs 1,000 crore以上の売上高、またはRs 5 crore以上の純利益を有するすべての企業は、任意の会計年度中に会社は、企業の社会的責任に関する方針に従って、直前の3会計年度中に得られた平均純利益の少なくとも2%を各会計年度に使用するようにします。

CSRコンプライアンスの一般的な手順

1。 CSR委員会の構成

2。 CSR委員会の構成を取締役会報告書に開示

3。 CSR委員会によるCSR方針の策定

4。 取締役会はCSR方針を承認し、取締役報告書に方針を開示し、もしあれば会社のウェブサイトに公開します。

5。 スケジュールVII法およびその下で行われた規則の要件に従って、金額を活用してください。

適用される規則と規制

1。 会社法135のセクション2013、

  1. 会社(企業の社会的責任)ポリシールール。 2014,

3。 よくある質問 MCAユニット

  1. ICAIが発行したガイダンスノート

簡単な概要と分析

1。 取締役会は、会社が毎年、過去2年の平均純利益の少なくとも3%を費やすことを保証する必要があります。 会社がそのような金額を使用できない場合、取締役会はその金額を使用しない理由を明記するものとします。

2。 CSR義務を果たす方法:

a。 法のスケジュールVIIで指定された基金への寄付

b。 登録された信託または登録された社会、または会社、持株会社、子会社、準会社、およびそれらの組み合わせによる本法のセクション8に基づいて設立された会社を通じて。

c。 スケジュールVIIによる会社独自の支出方法

d。 企業は、プロジェクトやプログラム、またはCSR活動を実施するために他の企業と協力することもできます。

CSR活動は、その記載されたCSRポリシーに従って、プロジェクトまたはプログラムまたは活動(新規または継続的)として会社によって行われるものとし、通常のビジネスコースを遂行するために行われる活動は除きます。

それを提供–

私。 会社、持株会社、子会社、準会社、およびそれらの組み合わせによって設立されていない本法のセクション8に基づく信託、社会または会社は、3年の実績 同様のプログラムまたはプロジェクトの実施

ii。 会社は、これらの事業体を通じて行われるプロジェクトまたはプログラム、そのようなプロジェクトおよびプログラムへの資金の利用のモダリティ、および監視と報告のメカニズムを指定しています。

iii。 企業は、少なくとも3会計年度の実績を有するが、そのような支出を含む機関を通じて、自身の担当者と実施機関のCSR能力を構築することができます。 管理オーバーヘッドは、総CSR支出の5%を超えてはなりません 1会計年度の会社の。

3。 CSR方針 以下を含むものとします。

私。 企業が法のスケジュールVIIの範囲内に収まることを計画しているCSRプロジェクトまたはプログラムのリスト。そのようなプロジェクトまたはプログラムの実行方法とその実施スケジュールを指定します。 そして

ii。 そのようなプロジェクトまたはプログラムの監視プロセス。

iii。 会社のCSRポリシーは、 CSRから生じる余剰プロジェクトまたはプログラムまたは活動 会社の事業利益の一部を形成してはなりません。

4。 CSR支出:

CSR支出には、CSR委員会の勧告に基づいて理事会が承認したCSR活動に関連するプロジェクトまたはプログラムのコーパスへの寄付を含むすべての支出が含まれます。

5。 CSRレポート:

1の4月1日以降に開始する会計年度に関するこれらの規則の対象となる企業の取締役会報告書には、2014に詳細を含むCSRに関する年次報告書(外国企業の場合、ROCに提出された貸借対照表)が含まれますAnnexureで指定– 1

6。 CSRに適格でない活動:

  1. 従業員および/またはその家族のみに利益をもたらすCSR費用。
  2. 一度限りのイベント:マラソン、賞、 慈善寄付、広告、テレビ番組のスポンサー .
  3. その他の規制/法令の履行のために会社が被る支出。
  4. 政党への直接的または間接的な貢献。
  5. インド国外で実施されるプロジェクト、プログラムまたは活動。
  6. 企業による信託への寄付は、企業のCSR支出として扱われますか?

企業問題省はビデオを持っています 6月付けの一般通達番号21 / 2014 18,2014 は、コーパス・オブ・トラスト/ソサエティ/セクション8 CompaniesなどがCSR活動として認められる限り、

a。 Trust / Society / Section 8などは、CSR活動を行うためだけに作成されています。 or

b。 コーパスが、法のスケジュールVIIで扱われる主題に直接関連する目的のために排他的に作成される場合。