インドのGDPは5.6-2014中に15パーセントで成長し、経済活動は現在の財政の後半でこの勢いを続けると予想される、とフィッチは日曜日に述べた。

「成長とガバナンスを回復するという目標に導かれた新政府は、最初の100の時代に非常に前向きな政策シグナルを与えました。 インド商工会議所連盟(Ficci)の最新の経済見通し調査は、次のように述べています。

モンスーンの遅れにもかかわらず農業の成長は安定したままであると予想されますが、産業部門は4.7-2014会計年度で15パーセント成長すると予想されます。

これは、6月の1.6で行われた前回の調査ラウンドでの成長予測よりも2014パーセントポイント高い、と同局は述べています。

今年初めに示されたインド準備銀行(RBI)の目標と同期して、今期は小売インフレ率が7.8パーセントになると予想されます。

調査に参加したエコノミストは、RBIは来年の第1四半期にのみ政策金利の引き下げを検討するだろうと感じました。

RBIは、インフレ圧力の緩和の明確な兆候が現れるまで待って監視するだろう、と彼らは言った。

Ficciによると、前のラウンドで推定された5.3に対して、現在の財政におけるGDP成長の最小および最大範囲はそれぞれ6および5.3パーセントで示されています。

輸出に関する経済学者の予測と経常収支赤字(CAD)は差し迫ったリスクを反映していません。 会計年度のCAD対GDP比は1.9パーセントと予測されました。

エコノミストはまた、世界クラスのインフラストラクチャの開発、途切れない電力供給の確保、労働問題の解決、手続きの煩わしさや迅速な承認の最小化など、政府にとって優先分野を特定しました。