新規コロナウイルス(COVID-19)の発生により、部門全体の法的および規制順守要件を満たす際に納税者が直面する課題を考慮して、政府は課税およびその他の法律(特定の規定の緩和)条例、2020年[条例] 31年2020月24日、とりわけ、さまざまな時間制限が延長されました。 さまざまなコンプライアンスを行うために納税者にさらなる救済を提供するために、政府は2020年XNUMX月XNUMX日に通知を発行しました。その主な特徴は次のとおりです。

  • 2018-19会計年度(2019-20会計年度)のオリジナルおよび修正所得税申告の提出期間が31年2020月XNUMX日に延長されました。
  • 2019-20会計年度(2020-21年度)の所得税申告の期日が30年2020月31日に延長されました。したがって、2020年31月2020日および30年2020月31日までに提出する必要がある所得申告は、したがって、税務監査報告書の提出日も2020年XNUMX月XNUMX日まで延長されました。
  • 中小クラスの納税者に救済を提供するために、自己申告納税義務がRsまでの納税者の場合の自己申告税の支払いの日付。 1万ルクも30年2020月1日まで延長されました。ただし、Rsを超える自己申告納税義務を持つ納税者の自己申告税の支払い期限は延長されないことが明確になっています。 1961ラック この場合、自己申告税は234年所得税法(IT法)で指定された期日までに全額支払う必要があり、支払いが遅れるとIT法第XNUMXA条に基づく利息が発生します。
  • セクション80C(LIC、PPF、NSCなど)、80D(Mediclaim)、80G(Donations)などを含む、IT法のVIA-B章に基づく控除を請求するためのさまざまな投資/支払いの日付もさらに進んでいます。 31年2020月31日まで延長。したがって、2020-2019年度のこれらのセクションに基づく控除を主張するために、投資/支払いを20年XNUMX月XNUMX日まで行うことができます。
  • IT法のセクション54〜54GBに基づくキャピタルゲインに関するロールオーバーの利益/控除を請求するための投資/建設/購入の日付も、30年2020月30日まで延長されました。したがって、投資/建設/購入2020年XNUMX月XNUMX日までは、キャピタルゲインからの控除を請求する資格があります。
  • 10年30月2020日までに必要な承認を受けたユニットについて、IT法のセクション31AAに基づく控除を請求するためのSEZユニットの運用開始日も、2020年XNUMX月XNUMX日まで延長されました。
  • TDS / TCSステートメントの提供とTDS / TCS証明書の発行は、納税者が2019-20年度の所得のリターン、TDS / TCSステートメントの提供日、およびTDS / TCS証明書の発行を準備できるようにするための前提条件です。 2019-20年度に関連して、31年2020月15日と2020年XNUMX月XNUMX日にそれぞれ延長されました。
  • 31年2020月31日までに通過/発行/作成が要求される、当局による命令の通過または通知の発行、ならびにさまざまな直接税およびベナミ法に基づくさまざまなコンプライアンスの日付が、2021年31月2021日まで延長されました。 AadhaarとPANをリンクする日付もXNUMX年XNUMX月XNUMX日まで延長されます。
  • 条例に明記されている税、課税などの支払いの遅延に対する9%の割引利率は、30年2020月XNUMX日以降に行われる支払いには適用されません。
  • 財務大臣は、「Vivad Se Vishwas」スキームに基づいて追加の金額を支払うことなく31年2020月30日まで延長することをすでに発表しており、必要な立法修正はやがて移動されます。 当該通知により、2020年31月2020日までに、スキームに基づいて完了する必要のあるアクションの完了または遵守の日付が31年2020月XNUMX日に延長されました。したがって、スキームスタンドはXNUMX年XNUMX月XNUMX日まで延長されました。

特定のエンティティの承認/登録/通知の新しい手順の実施の延期は、IT法の10(23C)、12AA、35および80Gですでに発表されていますが、8年2020月1日付けのプレスリリースは2020年1月2020日から1年2020月30日から2020年XNUMX月XNUMX日までの期間中、古い手順、つまり事前に修正された手順が引き続き適用されることを明確にします。この点に関する必要な法改正は、やがて行われるものとします。 。

財務大臣は、25年14月2020日から31年2021月13日までの期間、住民への特定の非給与支払いに対するTDSの割引率と指定されたTCS率を2020%すでに発表しました。発表の後にXNUMX日付けのプレスリリースも発表されましたこの点に関して必要な立法改正は、やがて移動されるものとする。

出典:PIB、デリー