新しい外部商業借入フレームワーク

新しいECBフレームワークの顕著な特徴は次のとおりです。

トラックのマージ:

(i)「外貨建ECB」としてのトラックIとIIのマージ(自由に交換可能な外貨 )

(ii)トラックIIIとルピー建て債券のフレームワークを「ルピー建てECB」(インドルピー(INR))として統合。

適格借入人:

(i)これは、FDIを受け取る資格のあるすべての事業体を含むように拡張されました。

(ii)さらに、ポートトラスト、SEZのユニット、SIDBI、EXIM銀行、マイクロファイナンス活動に従事している登録事業体、すなわち、営利目的でない会社、登録済みの社会/信託/協同組合および非政府組織も、このフレームワーク。

承認された貸主:

(i)貸し手は、FATFまたはIOSCO準拠国の居住者でなければなりません。

(ii)インドの銀行の多国間および地域の金融機関、個人および外国の支店/子会社も貸し手となり得る。

最小平均満期(MAMP):

(i)すべてのECBのMAMPは3年です。

(ii)ただし、外国資本保有者から調達され、特定の目的で使用されるECBの場合、MAMPは5年になります。

(iii)同様に、特別分配が与えられている製造業によって調達された1会計年度あたり最大50百万米ドルのECBの場合、MAMPは1年になります。

レポートの遅延に対する遅延提出料金(LSF):

(i)LRNまたはフォームECB 2リターンを取得する前にECB収益のドローダウンを報告する遅延を除き、ECBガイドラインに準拠していない借り手は、定められた手順に従ってLSFの支払いにより遅延を正規化できます。

(ii)報告の遅延に対する遅延提出料金(LSF)は以下のとおりです。

Sr. 返品/フォームの種類 遅延期間 該当するLSF
1 フォームECB 2 提出期限から最大30暦日 INR 5,000
2 フォームECB 2 /フォームECB 提出期限/ドローダウンの日付から最大3年 1年あたりINR 50,000
3 フォームECB 2 /フォームECB 提出期限/ドローダウンの日付から3年を超えて 1年あたりINR 100,000

(iii)借り手は、AD銀行を通じて、「インド準備銀行」または準備銀行が指定するその他の方法に有利な請求草案によりLSFに支払うことができます。

(iv)そのような支払いには、必要な返品が必要です。

(v)違反を報告するフォームECBおよびフォームECB 2リターンは、別々に扱われます。

(vi)LSFの不払いは、報告規定の違反として扱われ、FEMA 1999またはその下に規定された規制/規則で規定されているように、複合または裁定の対象となります。

(i)会計年度あたり最大750百万米ドルまたは同等のECBは、それ以外の場合は新しいECBフレームワークで設定されたパラメーターおよびその他の条件に準拠しており、リザーブの事前承認を必要としない自動ルートで許可されますバンク。

(ii)ECBの提案を検討している間、指定されたADカテゴリーI銀行は、その構成員による適用可能なECBガイドラインの遵守を保証することが期待されます。

(iii)適用条項の違反は、外国為替管理法1999に基づく刑事訴訟または裁定を招きます。

(i)インド銀行およびインド国外の支店/子会社によるECBフレームワークの下での貸付および借入は、準備銀行の銀行規制局が発行した健全性ガイドラインの対象となります。

(ii)さらに、ECBを提起する他の事業体は、関係する部門またはプルーデンシャル規制当局によって発行されたガイドラインがある場合、それに従う必要があります。

最終用途(ネガティブリスト):

ECBが処理できないネガティブリストには、次のものが含まれます。
a)不動産活動。
b)資本市場への投資。
c)株式投​​資。
d)外国資本保有者以外の運転資本目的。
e)外国資本保有者以外の一般的な企業目的。
f)外国資本保有者からのルピーローンの返済。
g)上記の活動のための事業体への貸し出し。

ECB負債資本比率:

(i)ECB負債資本比率の目的上、ECBの金額には、すべてのECBのすべての未払い額(INR建て以外)および提案されたもの(借り換えの場合はECBの未払い額のみ)が含まれますが、資本には支払済みの最新の監査済み貸借対照表に従って、資本および自由準備金(外貨で受け取った株式プレミアムを含む)を増やします。

(ii)ECBと持分の両方の金額は、外国の持分保有者に関して計算されます。 借入会社に複数の外国資本保有者がいる場合、関係する貸し手によって持ち込まれた外貨建ての株式プレミアムの割合は、比率の計算にのみ考慮されるものとします。

(iii)比率は、最新の監査済み貸借対照表に従って計算されます。

制限と活用:

(i)前述のフレームワークの下で、すべての適格な借り手は、ECBを自動車ルートの下で会計年度ごとに最大750百万または同等額まで調達できます。

(ii)さらに、FCY建てECBの場合、自動ルートで調達されたECBの直接外国資本保有者のECB負債持分比率は、7:1を超えてはなりません。 ただし、提案されたものを含むすべてのECBの残高が最大5ミリオンまたは同等の場合、この比率は適用されません。

(iii)さらに、借入企業は、関係する部門またはプルデンシャル規制当局によって発行された債務自己資本比率に関するガイドライン(存在する場合)によっても管理されます。

ECBの調達手順(EC銀行へのECBフォームの提出):

(i)すべてのECBは、このフレームワークで規定されているパラメーターに準拠している場合、自動ルートで調達できます。

(ii)承認ルートの場合、借り手は、ADカテゴリーI銀行を通じて審査するために、所定の形式の申請書(フォームECB-付録I)でRBIにアプローチできます。

(iii)ECBを自動ルートで調達することを希望する事業体は、フォームECBに適切に記入された提案とともにADカテゴリーI銀行に近づく可能性があります(フォームECBの形式は、新しいECBフレームワークに含まれています)

ローン登録番号(LRN):

ECBに関するドローダウンは、準備銀行からLRNを取得した後にのみ行う必要があります。

LRNを取得するために、ECBを調達するためのローン契約のコピーを準備銀行に提出する必要はありません。

LRNのキャンセル:

指定されたADカテゴリーI銀行は、契約されたECBのLRNの取り消しのためにDSIMに直接アプローチできます。ただし、当該LRNに対するドローダウンが行われず、割り当てられたLRNに関する日付までの毎月のECB-2リターンが保証されますDSIMへ。

既存のECBの借り換え:

(i)指定されたADカテゴリーI銀行は、元の借入の未払い期間(複数の借入の場合の加重残存期間)が減らされず、新しいECBの全費用が削減されない限り、既存のECBの借り換えを可能にすることができます既存のECBのオールインコスト(複数借入の場合の加重平均コスト)よりも低い。

(ii)さらに、借り手が既存のフレームワークの下でECBを調達する資格があることをさらに保証することを条件として、以前のECBフレームワークの下で調達されたECBの借り換えも許可される場合があります。

(iii)既存のECBの一部を借り換えるために新しいECBを調達することも、同じ条件に従って許可されます。

(iv)インドの銀行は、高格付けの企業(AAA)およびマハラトナ/ナブラトナの公共部門の事業に対してのみ、既存のECBの借り換えに参加することが許可されています。

ECBの株式への変換:

成熟しているが未払いのECBを含むECBの株式への変換は、以下の条件に従って許可されます。

私。 借入企業の活動は、FDIの自動ルートでカバーされているか、既存のFDIポリシーに従って、外国資本の参加について、該当する場合は政府の承認が得られます。

ii。 変換は、貸主の同意があり、追加費用なしで行われるべきであり、FDI政策の下での外国資本の保有に関する適格性の違反および該当するセクターの上限の違反をもたらしてはなりません。

iii。 株式に適用される価格設定ガイドラインが遵守されています。

iv。 ECBの資本への部分的または完全な転換の場合、準備銀行への報告は以下のとおりです。

a。 部分的な変換の場合、変換された部分はFDIフローのレポート用に規定されたフォームFC-GPRでレポートされますが、フォームECB 2リターンでのDSIMへの月次レポートは適切な備考、つまり「ECB部分的に資本に変換されます」で報告されます。

b。 完全な変換については、部分全体がフォームFC-GPRで報告されますが、フォームECB 2 ReturnでDSIMに報告する場合は、「ECB完全に資本に変換されました」と述べてください。 その後、フォームECB 2 Returnを提出する必要はありません。

c。 ECBを段階的にエクイティに変換する場合、フォームFC-GPRおよびフォームECB 2リターンによるレポートも段階的に行われます。

v。関係する借り手が、インドの銀行の外国支店/子会社を含む、インドの銀行システムからの他の信用枠を利用している場合、リストラクチャリングに関するガイドラインを含む、準備銀行の銀行規制局によって発行された適切なプルーデンシャルガイドラインが遵守されます;

vi。 同じ借主に対する他の貸主の同意がある場合は、その借主の同意が得られるか、または変換に関する少なくとも情報が借主の他の貸主と交換されます。

vii。 ECB会費の資本への転換については、そのような転換に関係する当事者間の合意日に適用される為替レートまたはそれ以下のレートは、ECB貸し手との相互合意により適用されます。 発行される株式の公正価値は、転換日のみを参照して算出されることに留意されたい。

* FATFおよびIOSCO準拠国の意味:

FATF準拠国: Financial Action Task Force(FATF)のメンバーまたはFATFスタイルの地域団体のメンバーである国; また、FATFの公式声明で次のように特定された国であってはなりません。(i)戦略的反マネーロンダリングを行っているか、対抗措置が適用されるテロ資金の不足に対処している管轄区域。 または(ii)欠陥に対処するのに十分な進展を遂げていない、または欠陥に対処するために財政行動タスクフォースとともに策定された行動計画にコミットしていない司法管轄区。

IOSCO準拠国: 証券市場の規制当局が国際証券委員会(IOSCO)の多国間覚書(付録A署名者)の署名者である国、または情報共有のためのインド証券取引委員会(SEBI)との二国間覚書の署名者である国取り決め。