最小の中国の保有でさえ外国直接投資提案は政府のうなずきを必要とするでしょう

外国直接投資(FDI) 中国の保有がごくわずかである提案でも政府の承認が必要であり、センターは「重要な実質的所有者」のフロアを設定するという以前の計画を放棄します。

10月、内閣がインドと国境を接する国からのFDI提案の審査計画を承認したとき、政府は、しきい値を会社法の規定である25%、または マネーロンダリング防止法。

しかし、半年後、何度も話し合った結果、見方が変わったようです。 「(内閣の)決定は、最小または最大の制限について言及していませんでした。 だから、ほんの少しでもカバーされるだろう」と政府当局者はTOIに語った。

「重要な実質的所有者」のしきい値は、中国企業がシンガポールやモーリシャスなどの第三国を経由してインドに入国しないようにすることを目的としていました。

この動きは、PaytmからZomato、BigBasketに至るまで、中国の投資を行っている新興企業によって注意深く見守られています。 いくつかの提案も政府の承認待ちです。

情報筋によると、省庁間グループが今週会合し、商業や産業から電力や電気通信に至るまでの省庁が従うガイドラインの作成に取り掛かった。 「これらは、提案について省庁を導くためのガイドラインであり、拘束力はありません」と当局者は述べた。
当局は、今後数日でガイドラインを完成させることを目指していると述べた。これには香港からのFDIフローも含まれるが、台湾の投資は強制通関の要件から免除されると予想される。

これとは別に、政府は法改正のアイデアをいじっています。これは、将来的に規範が希薄化されないようにするために、政治レベルで議論される予定です。 これには、会社法およびFDIを管理するFEMAの改正が伴う場合があります。 すべてのFDIの変更は、FEMAの下で通知されます。

中国からの投資フローのルールを強化する動きは、ラダック国境での緊張と、インドの新興企業エコシステムにおけるテンセントやアリババなどの企業の影響力の高まりに続きました。 何年にもわたって、政府は、FDIフローのソースに関係なく、承認を必要とするデリケートな領域のみを含むセクター別の見解を採用してきました。

ニュースソース:Economic Times