ソース:Economic Times

利害関係者は、新会社法に関連する問題に対処するために設置された高レベルのパネルに提案を提出する時間が与えられました。

本日で終了する締め切りは、7月31まで延長されました。

企業法務省が先月設立した会社法委員会は、6か月以内に報告書を完成させる予定です。

省は会社法2013を実施していますが、そのほとんどの規定は4月1、2014から施行されました。

「提案やコメントを提出するためにより多くの時間を求めているさまざまな利害関係者からの要求を受け取っています。 関係者が十分に調査されたインプットを提供できるようにするため、7月31、2015までの提案とコメントを受け取ることが決定されました。

さまざまな利害関係者から懸念が寄せられている中で、同省はすでに多数の法改正を行っています。

委員会は、コーポレートアフェアリーセクレタリーのAnjuly Chib Duggalが議長を務め、8名からなる委員会に司法および業界の代表者がいます。

委任事項に従って、パネルは「会社法2013の実施から生じる問題について政府に勧告する」でしょう。

また、破産法改革委員会、CSR委員会、法律委員会、およびその他の機関から受け取った勧告を検討します。