ソース: エコノミック·タイムズ

政府は、Rajya Sabhaで出された憲法修正法案での物品サービス税(GST)の展開後5年間、州に補償を約束するように設定されていますが、選択委員会の他の勧告は、間接税制改革が実施されます。

情報筋は、銀行などの特定のサービスを課税​​の対象から除外するなどの問題は、GST評議会が決定する必要があり、議会が法律を制定した場合にのみ設定できると述べた。 同様に、ある当局者は、税率も連邦財務大臣と州のFMで構成される評議会によって決定されなければならないと述べた。

製造国で1%の追加税を徴収する問題について、役員は、カスケード効果を最小化するために委員会がすでに問題を検討していると述べました。 この提案は、GSTネットに参加する際にハードボールをしていたグジャラート州などの州の要請に含まれていました。 選考委員会は、「供給」の新しい定義を推奨しました。この定義は、議会と州が憲法修正法案を承認した後に移動される他の2つの法案(中央GSTと州GST)に含まれます。

選択委員会は水曜日にラジャ・サバに報告書を提出し、政府は現在の議会の会期中に憲法修正法案を押し通すことを望んでいる。 議会はまだ計画に同意するが、ほとんどの地域の政党は現在この問題に関して政府を支持している。