「FY 2015-16から2017-18の年間ファイリングのデフォルトによる失格取締役の識別とフラグ付けに関する重要な更新

会社登記官(ROC)は、会社法164(2)のもとで財務諸表の不提出のデフォルトまたは2013会計年度から3会計年度までの年次利益のために失格となった取締役の特定とフラグを立てています。 -2015からFY 16-2017。

この点で、すべてのデフォルト取締役は、会社法2013の規定に従って、保留中の法定申告とすべての必要なコンプライアンスを完了する必要があります。

そうでない場合、省は会社法のセクション164に基づいて行動を開始する場合があり、そのような取締役の2013およびDINはMCAサイトでの年次フォームの提出に使用できません。