ソース:Economic Times

バラク・オバマ米大統領のインド訪問に先立ち、アルン・ジャイトリー財務相は、両国間の協力が最優先事項である分野でコンセンサスに達することができるべきであると述べた。

エリアについて特に言及せずに、Jaitleyは、両国は成熟した関係を共有しており、すでに互いに同意している多くのエリアがあると述べました。

核問題をめぐる交渉に何らかの問題があったかどうかについての質問に対して、ジェイトリーは「現時点では会談に関与しておらず、それについてコメントするのは公平ではないだろう」と述べた。

彼は、世界経済フォーラム会議の傍観者としてここで話していました。

1月21にWEF会議に出席するための3日間の訪問のためにここに到着した連邦財務大臣は、オバマ訪問のプラスの結果を確かに期待していると語った。

「インドと米国の関係は成熟しています。 私たちが互いに同意している分野は数多くあります。 また、特定の共通の観点に達しないかもしれないいくつかの領域がありますが、それはそれらの違いにもかかわらず、それがまだ存続するという我々の関係の成熟です。

「私の意見では、協力が最優先事項の分野では、結論に達することができるはずです」と彼は付け加えました。

これらの分野に気候変動と核問題が含まれるかどうかを尋ねられたとき、Jaitley氏は次のように述べた。「気候変動に対して異なるアプローチがあり、したがって共通の立場を持ちます。

「インドは気候変動について独自の取り組みを行っています。 世界の他のどの国よりも多くの再生可能エネルギーに関するプログラムを発表しています。」

「インドは気候変動について独自の取り組みを行っています。 世界の他のどの国よりも多くの再生可能エネルギーに関するプログラムを発表しています。」

「インドは気候変動について独自の取り組みを行っています。 世界の他のどの国よりも多くの再生可能エネルギーに関するプログラムを発表しています。」