ソース:Economic Times

インドと米国は本日、3か月以内にロードマップを作成するという任務を課し、アラハバード、アジメール、ヴィシャカパトナムをスマートシティとして共同開発するためのタスクフォースを設置することを決定しました。

この決定は、Mヴェンカイアナイドゥ都市開発大臣とペニープリツカー商務長官の会談で行われました。両国は、米国貿易開発の助けを借りてスマートシティとして3都市を開発する協定に署名しました。代理店(USTDA)。

この決定によると、センター、州政府、USTDAの職員で構成されるタスクフォースは、3つの都市で構成されます。

ロードマップは、これらの都市をスマートシティとして開発するために3か月後に完成します。

2日前、インドはウッタルプラデーシュ州のアラハバード、ラジャスタン州のアジメール、アンドラプラデシュ州のヴィシャカパトナムを開発するために、USTDAと3つの協定に署名しました。

このイニシアチブの種子は、昨年9月にナレンドラ・モディ首相が米国を訪問した際に、共同声明で言及された問題にまかれました。

ナイドゥ氏はその背景について話し、「今こそ、双方が迅速に行動し、合意に達したことを確認することにより、話を進める時が来た」と語った。

このイニシアチブがスマートシティの現実化への希望をもたらしたと、大臣は、現在のオバマ大統領のインド訪問はこれらの期待をさらに促進したと述べた。 「行動は時間の必要です。」

プリツカーは、会議はオバマとモディの間の戦略的および商業的対話の経済的側面に取り組むためのオバマの指示に従っていると述べた。