ソース:Economic Times

インドは、地理的位置、国内市場の規模、比較的低いコスト構造を考えると、日本、米国、ヨーロッパ、中国などからの投資を誘致するのに適した位置にあるとシンガポール大臣は本日述べた。

「新しいインド政府の開発の優先事項と経済的課題は、シンガポールとのパートナーシップの興味深い可能性を提示します」と、インドのビジネスの見通しに関する第2回通商産業大臣のS Iswaranは述べました。

まだ初期段階ですが、新政府は「Make in India」、Swachh Bharat、スマートシティなど、いくつかの重要なイニシアチブを発表しています、と彼は言いました。

彼は、インドに対する信頼の高まりが、ナレンドラ・モディ首相の強力なリーダーシップが「インドの政治的安定、確実性、成長の時代」を先導することを強調していることを強調した。

イスワランは、シンガポールとインドの50年間の良好な外交関係を指摘しました。

「シンガポールとインドの関係をより高いレベルに引き上げることを楽しみにしています。また、センターと州でのさまざまなコラボレーションの方法を通じて、私たちは楽しみにしています。」

シンガポールとインドは来年、二国間の外交関係を50年にわたって祝います。これはまた、同国の50年の独立を意味します。

Iswaranは、シンガポールとインドのビジネスシンポジウムで300代表団の周りで演説し、スマートで持続可能な都市を開発するというインドの使命に貢献するというシンガポールの関心を再強調しました。

「私たちはインド政府から都市化と都市開発の経験を共有するよう求められています」と彼は付け加え、シンガポールの公共および民間部門は都市国家の発展において50年以上にわたって得た経験から有意義な貢献をすることができると付け加えました。

「したがって、「スマートシティ」イニシアチブで中央政府と協力し、また首都プロジェクトで新しいアンドラ・プラデシュのような州と協力する最善の方法を積極的に検討しています。

「この取り組みにより、シンガポールの企業は、タウンシップ開発、工業およびITパークなどの分野の下流のニーズと機会、ならびに水や電力などのユーティリティにも参加できるようになります」と彼は言いました。

大臣はまた、アジア太平洋地域におけるインドの重要な役割を見ました。

「二国間関係を超えて、シンガポールは常にインドのより広い地域への統合を支持し、支援してきました」と彼は言いました。

Iswaranは、東南アジアの16諸国と中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドとの交渉中の地域包括的経済連携(RCEP)を通じてインドが10諸国に接続していると見ています。

「RCEP市場の規模と構成を考えると、サービスの最大の輸出国の1つであるインドにとって特に重要であり、その目的は製造を通じて商品輸出のシェアを高めることです」と彼は言いました。

「したがって、高品質のRCEPはインドの製造業の野心に大きな価値をもたらすでしょう。この重要な地域統合の取り組みにインドが積極的に関与することを楽しみにしています」と彼は付け加えました。

シンポジウムには、アジャイ・S・シュリラム大統領が率いるインド産業連盟のコアグループが出席しました。