ソース:Economic Times

企業省は、インド企業の報告要件を国際財務報告基準(IFRS)に合わせるための新しい会計基準に関するパネルの勧告を受け入れました。

新しい基準は、4月1、2015から来年度に自主的に採用を開始できる大企業に最初に適用され、翌年にルールが義務付けられます。

会計慣行を世界的に認められた基準に準拠させると、企業が海外で拡大したり、海外で資金を調達する際に行う必要のある手続きが削減されます。 多くの企業、特に海外事業または上場企業は、すでにIFRSまたは米国で一般に認められている会計原則に従っています。

会計スタンダーズに関する全国諮問委員会は、12月の12に政府に勧告を提出し、それらは全体として受け入れられました。 Ind-ASと呼ばれる新しい会計基準を正式に作成する通知がまもなく発行されると、政府高官は匿名の条件について述べた。

「MCA(企業省)からの通知は、この重要な財務報告改革の重大性と緊急性を企業に認識させ、移行プロセスにさらに勢いをつけることに大いに役立つでしょう」と、Sai Venkateshwaran代表インドの金融サービス会社KPMGの会計顧問サービス。 「段階的なアプローチにより、初年度にこれらの標準を採用するのは大企業のみとなり、残りの企業はその後の期間に採用する際にこれらの大企業の経験から学ぶことができます。」

委員会の報告書は、インドがIFRSに収束しているだけで、ガイドラインを完全に採用していないため、特定のカーブアウトまたは例外を指定しています。 インド企業が結果を報告する際に考慮する必要がある外国為替のボラティリティなどの要因により、委員会はIFRSのすべての側面を考慮しないようになりました。 銀行、保険会社、およびその他の金融会社は、後に展開されるInd-ASの別のセットを持っていると、当局者は言いました。 「私たちは開催されます。」インド準備銀行とIRDA(保険規制開発局)との会議を開催して、これらのセクターの新しい会計基準に取り組みます。 それは後の段階で行われます。」

パネルはまた、関連当事者取引を含む、会計基準と会社法で指定された定義の違いを解決しました。

「勧告は政府に提出されました。 業界の利益を考慮し、基準を可能な限りグローバルに受け入れました。IFRSのみを採用しているため、カーブアウトを最小限に抑えました」と委員長のAmarjit Chopra委員長は述べました。推奨事項。

委員会は、公認会計士協会が推奨するいくつかの会計基準(金融商品を含む)も取り入れています。

会社法を実施している企業省は、9月に委員会を再構成し、中央政府に会計方針と会計基準の策定について助言しました。 この会社は、会社法2013に基づいて提案されたNational Financial Reporting Authorityが設立されるまで、設置されます。