ソース:Economic Times

インドの中国との貿易赤字は、今年度の4月から5月にかけて8億ドルに達しました。議会は本日通知を受けました。

貿易赤字は、48.47-2014の15億ドルから36.2-2013の14億ドルに増加しました。

「中国との貿易赤字の増加は、主にインドへの中国の輸出が通信や電力などの急速に拡大するセクターの需要を満たす製造品目に強く依存している一方で、中国へのインドの輸出は一次製品、原材料、および中間体によって特徴付けられているという事実に起因する可能性があります。 」商工産業大臣のニルマラ・シタラマンは、ロク・サバへの書面による返信で述べた。

彼女は、輸出を促進し、中国を含むインドの貿易相手国との貿易のバランスを維持するために、政府は輸出の可能性がある特定の製品を特定するための市場調査イニシアチブを含むいくつかの措置を講じたと言いました。

また、インドは貿易相手国との貿易および非貿易措置に関連する問題を積極的に取り上げています。

別の質問に答えて、大臣は、インドが11自由貿易協定と他の国との5つの優先貿易協定を締結したと述べた。
「インドは、イスラエルやEUを含むいくつかの国とFTAおよびPTAを交渉しています。」