ソース:www.india.com

安倍Shin三とナレンドラ・モディの友情が新しいインドの指導者の最初の外国旅行中に開花したとしても、日本社は、亜大陸でビジネスを行うことの落とし穴に気を散らし、慎重になることを拒否しました。 熊の抱擁と京都の古代日本の首都の観光の日から始まる5日間のツアーは、今後5年間でインドで34十億米ドルを費やすという東京の誓約で頂点に達した相互の賛辞のクレッシェンドを介してうまくいきました。

企業は、巨大な未開拓市場と広大で安価な労働力を持つインドのアイデアを愛しています。 しかし、彼らは潜在的な問題があることを知っています。 日本の求婚者は以前に何度もつまずきました。 「インドの非常に弱いインフラは、そこに物を作り移動するコストを増加させます」と、大和総研のアジア経済研究部長の児玉隆は語った。 「それを解決しない限り、世界が持っているインドに対する現在の希望は投資ブームを引き起こすことはできない」と彼は言った。image8

危険な道路、不規則な鉄道、その他の脆弱なインフラストラクチャーの上に、中国以外の場所を探している多国籍企業のための複雑な地元の習慣があります。 インドの予想外の税金と経済政策の変化も、投資家を落胆させました。投資家は、低コスト、高成長、予測可能性を望んでいます。 人口がほぼ同等であるにもかかわらず、インドは1,000を超える日本企業の本拠地であり、中国で営業している総企業の約5パーセントを占めています。

確かに、日本の企業は、人口の多い民主主義が着実な成長、中流階級の拡大、鉄道、下水道、電気などのインフラストラクチャへの需要を高める近代化を享受しているため、インドには大きな可能性があることに同意しています。 日本企業は、インドをアフリカや中東などのインド洋西部地域への輸出拠点として利用することもできます。 経済自由主義者のモディはこれを知っており、投資を売り込むために東京にいました。

「企業と産業には安定性と成長環境が必要です。 インドは、両方を提供する国になりました」とモディは先週、日本の企業に就任以来の最初のツアーで語った。 「ビジネス環境に必要なものを教えてください。 インドはそれを届けるでしょう」と彼は言った。
大手電子部品メーカーである日本電産を含む一連の日本企業が最近、インドの新規投資に取り組んでおり、今後7〜8年間でインドで約1十億ドルを支出することを決定しました。

しかし、製薬会社第一三共が4.6でインドの巨人Ranbaxyを10億2008で購入したなど、費用のかかる失敗がありました。 これは、米国の規制当局が品質への懸念から医薬品の輸入を禁止し、第一三共の収益に大きな打撃を与え、ユニットの値下げ販売につながったときに悪化しました。 仲間の製薬会社エーザイは、2009で税制上の優遇措置を受けて、経済特区で生産と研究のハブを立ち上げました。

しかし、エーザイの執行役員である佐々木in子は、インドが政策を変更し、2011で会社に代替税を課しました。 ”多くの機会がある大きな市場です。 しかし、税規則に関しては、予測可能でなければなりません」と彼女はAFPに語りました。 「インドの投資環境が改善し続けることを願っています」と彼女は言った。

インドの勝者の中で、小型車の専門家であるスズキモーターズは、30年前からここで栄え、国内が注目される前に市場に参入し、主に国内の運転手にサービスを提供してきました。 しかし、スズキでさえ、インドの人事マネージャーの死をもたらした2012暴動を含む労働不安の発作に苦しんでいます。 インドにとって、日本は投資に必要な現金を持っている他の近隣諸国よりも複雑なパートナーではないとアナリストは言います。

「インドはインフラストラクチャーにお金を求めています。 大和総研の児玉氏は、「中国は、熱心で、喜んで与えているが、政治的影響力を発揮する機会として利用しようとしているかもしれない」と尋ねることができる。 「比較すると、日本のお金には紐がより少なく付属しているでしょう」と彼は言いました。 日本研究所の経済学者である熊谷正太郎氏は、安倍首相の財政目標は、日本とインドのパートナーシップに対するコミットメントを支持していると述べた。

「インドは、どちらかを比較して選択しようとするのではなく、中国と日本を重要なパートナーとみなしていると思います」と彼は言いました。 しかし、世界はモディが彼の国の良い見通しを現実に変えることができるかどうか見るのを待っている、と児玉は言った。 「モディが約束を果たし、経済を支えれば、より多くの投資家が参入するだろう」と彼は語った。 「インドには多くの希望があります。 しかし、彼らはただの希望です。 まだ具体的な政策は見ていません。」