UDIN FAQでICAIが対処した主な問題

  • UDINは、手動およびデジタル署名された証明書の両方に適用されます/オンラインでアップロードされます フォーム15 CB、MCAフォームなど。デジタル署名/オンライン証明書の場合、UDINを生成し、それを「管理」または「ガバナンスで請求」に伝えて、利害関係者に配布する必要があります。
  • UDINが適用されます。 デジタル署名されたオンラインレポートでUDINに言及するフィールドがない場合、UDINを生成し、「経営陣」または「ガバナンス担当者」に伝えて、関係者に配布する必要があります。
  • 一度に添付される割り当て署名ごとに1つのUDINが必要です。 つまり、割り当てのレポート/証明書/文書が定期的に署名され、同時監査/限定レビュー/四半期レビューレポートなどの異なる時点で提出される場合、個別のUDINが生成されます。
  • 生成されたUDINは編集できません。 ただし、UDINが正しいことを確認するために入力された詳細を確認するために、生成前にプレビューオプションを使用できます。
  • UDINの生成に制限はなく、生成されるUDINの数に制限はありません。
  • UDINは、レポート/証明書のメンバーの署名とメンバーシップ番号の後に記載されます。
  • ジョイント監査の場合、署名するすべての監査人は、UDINを個別に取得し、署名したレポートでそれぞれのUDINに言及する必要があります。。 監査人は、そのようなUDINを生成する際に、同じまたは異なるキーワード/図を使用できます。
  • 監査レポート/証明書/ドキュメントに署名する際にUDINを生成することは必須です。 ただし、上記のようにUDINを生成できないメンバーがある場合、同じ署名を15日/ 30日以内(このブックレットの付録6を参照)に生成する必要があります。
  • そのように生成されたUDINは、「経営陣」または「ガバナンスの責任者」に伝達され、関係者に末端から配布されます。
  • ITRの認証については、メンバーはITRを真のコピーとして認証することはできません。 ただし、ITRのソース、場所、およびITRの作成元であるデータの信頼性に基づいて、ITRに関する意見/証明書/レポートを作成できます。その際、UDINが必要です。
  • 検証のために規制機関/第三者が登録する必要はありません。 UDIN規制当局/第三者を確認するには、UDIN番号、携帯電話番号、電子メールID、UDINを検索する当局の名前を記載する必要があります。
  • UDINは、認定された真のコピーには必要ありません。

詳細はここをクリックしてください。