ソース:bgr.in

ノキアによるアルカテル・ルーセントの買収により、28十億ドル(約1.75百万ルピー)の収益を上げる事業体が生まれ、アジア太平洋、日本、インド(APJ /インド)が18パーセントを提供します。 先週、フィンランドの会社は、15.6十億ユーロ(16.6十億ドル)の価値のある全株式取引で、アメリカ系のライバルを買収すると発表しました。

これにより、約45億ユーロ(約49億米ドル)の時価総額と約26億ユーロ(約28億米ドル)の収益基盤を持つエンティティが作成されます。 2014会計の年間収益額に基づいて、ノキアは12.7億ユーロの収益を獲得し、26パーセント(約3.4億ユーロ)がAPJ /インドからもたらされました。

2014収益が13.2億ユーロに達したAlcatel-Lucentの場合、米国証券取引委員会(SEC)のデータによると、10パーセント(約1.3億ユーロ)がAPJ /インドから流出しました。 契約が成立した場合、APJ /インドは26パーセントまたは18億ユーロ(約4.7億ドルまたは5ルピーに近い)を提供し、会社の総収益ベースは31,300億ユーロに達します。

ノキアの社長兼CEOであるRajeev Suri氏は、発表後に記者と対話し、「すべての地域、特に米国、中国、ヨーロッパ、アジア太平洋地域でのプレゼンスを強化することで、お客様により良いサービスを提供するための規模と範囲を提供します」グローバルなニーズ。」

ノキア・グループは、新会社であるノキア・コーポレーションを率いて、リスト・シラスマーが会長を務め、スリが最高経営責任者を務めます。 結合されたエンティティの従業員数は約1.14 lakhになります。 両社は、2016の前半で取引が完了する見込みであり、900エンドによる2019百万ユーロの運用コスト削減につながると発表しました。

これは、Lucent Technologiesが21で約1999億ドルでAscend Communicationsを買収して以来、通信業界で最大の取引となり得、アルカテルが2006億ドルでLucentを購入した13.4と比較できます。 これは、NokiaによるマッププロバイダーNavteq Corpの買収よりも大きく、8で約2008億ドルになります。

Nokiaは昨年、苦労しているデバイス事業を7.2十億ドル以上でMicrosoftに売却し、現在はアナリストが最大7.5十億ドルを取得できると推定しているHEREマッピングユニットの売却を検討しています。