ソース:Economic Times

北東インドは、Rs 35,000 croreとRs 180,000 croreの間のどこでも貿易可能性があり、経済の成長エンジンになる可能性があります。 2013-14でのインドとその隣国であるネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー間の総貿易は、80,303のルピーに匹敵し、20%のCAGRで成長しています。

ただし、これらの国と国境を共有しているにもかかわらず、この貿易の北東部地域のシェアはわずか1から2%でした。 これは、インドとその東隣諸国との間の貿易のほとんどが、北東以外の地域の産業から生じていることを示しています。 地理的な場所とコスト削減の観点から、これらの産業(または少なくとも地域に原材料が存在する産業)は、北東に位置するほうが理にかなっています。

「ASEAN-インドの北東フロンティアへのゲートウェイ」と題された詳細なレポートで、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、物理的インフラの開発、地方分権、国境貿易の促進、地場産業と起業家の促進、キャパシティビルディングの分野における政策介入をリストアップしました。北東部を経済の中心地に発展させるためには、税制と為替レートの改革が必要です。

FicciのDidar Singh事務局長は、報告書は、地域の接続ニーズを地域が代表する機会で強調しようとしていると述べた。 FicciのNorth East Advisory Councilの議長であるRanjit Barthakurは、Ficci-PwCレポートが北東部に関連するすべての接続性問題の基準点になると期待していると述べました。

北東インドでは、この地域が提供する可能性を活用するために、統合された経済回廊を開発できます。 PwCによると、この地域には適切なインフラストラクチャが不足しており、多額の投資が必要であると、リーダーのCapital Markets&InfrastructureであるManish R Sharma氏は述べています。