出典:Economic Times

インドでのプライベートエクイティ投資は先月1.7億ドルに達し、今年の最初の10.2か月のPE取引全体の合計は10億ドルになりました、とGrant Thorntonのレポートは述べています。

保証、税務、顧問会社によると、10月のPE取引の価値と取引高は、前年の同じ月に見られたレベルを上回り、今年の1か月で最も高かった。

10月にはそれぞれ100ミリオン以上の6件の取引が報告され、PE取引の集計が大幅に増加しました。

今年の1月から10月にかけて、500 PEの取引が10.2億ドルに達し、18の値が増加し、37での取引の数が2013増加しました。

「投資家のリバウンドに対する自信を持って、M&AおよびPEの取引活動が大きく回復している」とGrant Thornton India LLPパートナーのRaja Lahiri氏は語った。

「プライベートエクイティの分野では、電子商取引が最大の投資を目撃しています。 私たちが見ている新しい傾向は、金の宝飾品セグメントにあり、ウォーバーグはカリアンジュエラーズに200百万米ドルを投資しています」と彼は言いました。

セクター別の分析では、ITおよびITeSセクターが785.2百万米ドルの最大取引件数を引き付け、続いて小売および消費者セクターが438.6百万米ドル相当の7件の取引を獲得したことが示されています。

「取引が増加しているセクターには、IT / ITES /電子商取引および医療が含まれます。 10月の2014でソフトバンクがSnapdealとOlacabsに投資することで、日本からのインバウンド取引が増加しています」とLahiri氏は述べています。

また、「この傾向は他のセクターでも続くと予想しています。」

10月の上位PE取引には、627百万ドル相当のソフトバンク-Snapdeal取引、それに続く210百万ドルのソフトバンク-オラチャブ取引、および米国に拠点を置くプライベートエクイティファームの24パーセントのカリヤンジュエラーズに対する195.6百万株の買収が含まれます。レポートは言った。