ソース:Economic Times

ナレンドラ・モディ首相のフランス訪問は、長年の交渉と、この中のコンポーネントを作るためのフランスの核巨人とラーセンとトゥーボとの間の重要な協定の後、ArevaBSE -0.26%とインド原子力会社の間のテクノ商業協力の画期的な覚書を目撃しましたマハラシュトラ州のジャイタプルに6つの先進原子炉を設置した国。

アレバ-L&T協定は、金曜日の夜にパリで行われたナレンドラ・モディとオランドとの会談後の機会のハイライトであったと、外交筋はフランスからETに語った。 情報筋によると、この協定はMake in Indiaのイニシアチブの一部であり、これには同国での原子力重鍛造の生産が含まれます。 これは、アレバが通常日本から調達する原子炉用の外makingを作るために重要ですが、これまでインドと日本の民間原子力取引が行われていないインド市場向けにはできません。

外交筋によると、デリーとパリが民事用原子力協定に調印した5年後、モディとオランドの両方からの9,900-MW原子力発電所への強力な推進に続いてこれが合意された。

2009のNPCILとL&Tは、特殊鋼と超重鍛造品を生産する合弁会社を設立しました。 現在稼働中の非常に重い鍛造能力は、日本(日本製鋼所)、中国(中国第一重工業、中国Erzhong、SEC)、フランス(ルクルーソー)、ロシア(OMZイゾラ)にあります。 英国(シェフィールドフォージマスターズ)とインド(バーラトヘビーエレクトリック、バーラトフォージリミテッド)で新しい生産能力が計画されています。 そして今、L&Tとアレバ協定に続いて、主要なコンポーネントが国内で生産され、これにより、原子炉のコスト、ひいては生産される電力の単位当たりの料金が引き下げられます。 フランス政府は、安全対策が強化されているため、原子炉(欧州加圧原子炉)は高価であると主張しています。

インドの懸念に対処するため、フランスも国境を越えたテロに大きな打撃を受けました。

後にモディとフランス大統領フランソワ・オランドはセーヌ川でボートに乗り、「ナアヴ・ペ・チャルチャ」と呼ばれるボートに乗りました(ボートでの話し合い)。

彼らは、テロリストのインフラストラクチャを解体し、安全な天国をテロリストに拒否し、テロ攻撃の加害者と共謀者を裁判にかけることに同意した、と情報筋は伝えた。