ソース:DNA India

インドをFDIの魅力的な目的地として推進するため、プラナブムカージー大統領は木曜日、フィンランドの投資家に「Make in India」プログラムを最大限に活用するよう求め、「予測可能で、促進的で透明な」ビジネスに優しい環境を約束しました。

Mukherjee氏は、投資を呼び込むための強力な提案を行い、インドが2014-16の外国直接投資の4番目に魅力的な目的地であると述べました。 「インドは世界最大のグローバル経済の1つとして浮上しており、世界の金融危機の影響は他の国よりもインドではそれほど深刻ではないという事実から、経済の回復力は明らかです」と大統領はビジネス会議で講演しました。フィンランド企業の国際化のサポートに焦点を当てたコンサルタント会社、フィンプロはこちら。

「現在、私たちの対外直接投資(FDI)政策は、新興経済圏で最も自由主義的であると広く認識されており、当社のいくつかのセクターおよび活動において自動ルートで最大100%のFDIを許可しています」インドを投資先として魅力的にしています。

「インド政府は、障害のない、予測可能で、促進的で透明性のあるビジネスに優しい環境に取り組んでいます」と彼は、インド政府とのノキアの税紛争に関する懸念の中で述べました。

「そのために、インドは、シングルウィンドウクリアランス、e-ビジネスポータル、および投資家促進セルを設置することにより、インドを投資家に優しい目的地にするための野心的な「Make in India」プログラムに着手しました。 フィンランドの投資家は、発表された新しい政策を最大限に活用できると確信しています」と彼は言いました。

フィンランド議会「Eduskunta」の演説で先に、Mukherjeeは、通信とIT、エネルギー、造船、製造、バイオテクノロジー、環境、ヘルスケア、インフラストラクチャサービスなどの分野でのフィンランドの技術は世界最高だと述べました。

「インドはこれらの分野であなたの専門知識を活用したいと思います…インドの新政府は雇用機会の成長と創造に焦点を当てています。 投資を奨励し、インドの製造部門を復活させ、スキル開発を促進し、スマートシティを開発し、社会問題に対処し、これらの分野のパートナーと緊密に関与するための措置を講じています。 ビジネス感情は前向きで強い。 インドではチャンスの時期です」と彼は言いました。

大統領は、5.7-2014の第1四半期にインド経済が15%で成長したと述べました。