読者の皆様へ、

インド準備銀行(RBI)は、地方農村銀行を除く商業銀行によるInd ASの実施を1年、つまり、4月1、2018から4月1、2019まで、非互換の財務諸表形式と銀行の準備不足を理由に延期しました。 RBI、銀行規制法のスケジュール3、1949で規定されている財務諸表は、Ind ASでの報告要件と互換性がありません。 RBIは現在、財務諸表をInd AS要件に適合させるためのプロセスにあります。

Ind AS 109、金融商品によれば、企業は、予想信用損失法に従って、貸付金などの金融資産の予想損失について引当金を支払うものとします。 この方法では、金融資産の作成日でも準備が行われます。 したがって、Ind AS 109が銀行に適用されるときはいつでも、融資が悪化する前に準備をしなければなりません。 一方、現在、彼らはローンが悪化した場合にのみ引当金を支払う必要があります。 したがって、Ind ASの実装の延期により、不良資産(NPA)の数が増加する中で、銀行は大きな救済を受けました。 短期的には間違いなく銀行の簿価を強化するでしょう。

それどころか、後の財務諸表にはIFRS 9、Financial Instrumentsに基づく規定が含まれるため、延期によりインドの銀行の財務諸表とグローバル銀行の比較可能性が低下します。

ただし、銀行は引き続き四半期ごとのプロフォーマ財務諸表をRBIに提出します。