FEMAの借入および貸出規制

RBIは、外国為替管理(借入および貸出)規制、2018に通知していました。

当該通知の意義は以下のとおりです。

I)外国為替管理(借入および貸付)規制、2018:

外国為替管理法のセクション6(3)(a)、(d)、(e)、セクション47(2)、1999(42の1999)、および修正された以前の通知のスーパーセッションによって付与された権限の行使準備銀行は、インド居住者とインド国外居住者との間の借入および貸付に関して次の規則を随時作成しています。

これらの規制は、外国為替管理(借入および貸付)規制、2018と呼ばれる場合があります。

ルール2:

重要な定義:

ルール2(iii):「EEFCアカウント」、「RFCアカウント」 外国為替管理(インド居住者による外貨口座)規則、2015でそれぞれに割り当てられたものと同じ意味を持つ場合があります。

ルール2(v): 外部商業融資(ECL)」 は、インド政府と協議の上、準備銀行が決定した枠組みに従って、インドに居住する者がインド国外の借り手に融資することを意味します。

ルール2(x):「インドのエンティティ」 は、会社法2013に基づいて随時改正されるインドで設立された会社、または有限責任パートナーシップ法2008に随時改正されるインドで設立および登録された有限責任パートナーシップを意味します。

ルール2(xi):「インドの海外市民(OCI)」カード所有者 市民法のセクション7(A)に基づいて割り当てられたものと同じ意味を持つものとします。

ルール2(xii):「不動産活動」 商業用および住宅用の不動産または土地の購入、販売、および賃貸のための自己または賃貸不動産を含むあらゆる活動を意味し、不動産の購入、販売、賃貸または管理を仲介するために不動産業者を割り当てる料金または契約ベースの活動も含まれます。 ただし、これには、統合タウンシップの開発、新規プロジェクト/近代化の一部としての工業用地の購入/長期リース、既存ユニットの拡張、またはインフラストラクチャの調和マスターリストに記載されている「インフラストラクチャサブセクター」の下での活動は含まれませんインド政府によって承認されたサブセクターは、通知F. No. 13 / 06 / 2009-INFを参照し、随時修正/更新されます。

ルール2(xvi)「スタートアップ」 政府通商産業省産業政策推進局が発行する、180、17、2月付けの通知番号GSR 2016(E)に定められた条件に準拠するエンティティを意味します。インドの。

ルール2(xvii)「トレードクレジット」 インド政府と協議の上、準備銀行が決定した貿易信用の枠組みに従って、インドへの輸入のために海外のサプライヤー、銀行/金融機関によって延長されたクレジットを参照してください。

説明: 資金源に応じて、このような貿易信用には、サプライヤーの信用と買い手の信用の両方が含まれます。 サプライヤーのクレジットは、海外のサプライヤーによって延長されたインドへの輸入のクレジットに関連し、バイヤーのクレジットは、海外の銀行または金融機関からの輸入者によって手配されたインドへの輸入の支払いのためのローンを指します。 輸入は、対外貿易局長(DGFT)の現存する対外貿易政策の下で許容されるべきである。

ルール3:

借り入れまたは貸し出しの禁止:

それに基づいて制定された法律、規則または規則に別段の定めがある場合を除き、インドに居住する者は、インドの内外に居住する者との間で外貨を借りたり、貸したりすることはできません。インド国外居住者へのルピー。

準備銀行は、十分な理由により、インドに居住する人がインドの外に居住する人から、またはインドに居住する人に外貨を借りたり、貸したり、および/またはインドに居住する人にルピーで借りることを許可するか、またはインド国外に居住する人に、ルピーで貸し出します。

説明: (a)インド国外居住者によるインドでのクレジットカードの使用、または(b)インド在住者によるインド国外でのクレジットカードの使用は、インドルピー/外国為替での借入または貸付とは見なされません。

ルール4:

インドの居住者による外国為替でのインド国外からの借り入れ:-

ルール4(A):認定ディーラーまたはインド国外の支店による借入:

i)ADは、インド政府と協議して、準備銀行が随時指定する条件に応じて、インドまたはその他の企業の本社または支店または特派員から借りることができます。

ii)インドで設立または設立された銀行であるADのインド国外の支店は、準備銀行が随時発行する指示またはガイドラインに従って、通常の銀行業務の過程でインド国外から外国為替で借りることができます。 、および支店が所在する国の規制当局。

iii)ADは、リザーブが発行したガイドラインを遵守することを条件として、輸出者構成員に外国為替の出荷前または出荷後のクレジットを付与する目的で、インド国外の銀行または金融機関から外国為替で借りることができますこの点で銀行。

iv)ADは、スケジュールIに含まれる規定に従って、インド国外からECBを調達できます。

ルール5:

インドの居住者による外国為替貸付:

ルール5(A):インドの認定ディーラーまたはインド国外の支店による融資:

インドの認定ディーラーまたはインド国外の支店による融資:

i)イン​​ドのADまたはインド外の支店は、スケジュールIIIに含まれる規定に従って、外貨建ての外部商業貸付(ECL)をインド国外の借り手に拡張できます。

ⅱ)ADは、外国為替の要件を満たすため、またはこの点に関して準備銀行によって発行されたプルーデンシャル規範、金利指令およびガイドラインの遵守を条件とするルピーの運転資本要件または資本支出のために、インドの構成員に融資を許可する場合があります。

ⅲ) 準備銀行が随時発行する指示またはガイドラインに従って、インドのADはインドの別のADに外国為替貸付を延長する場合があります。

ⅳ)AD銀行のインド国外の支店は、外国為替管理(預金)規則に従って維持される、NRE / FCNR預金口座または準備銀行が随時指定するその他の口座に保持されている資金の安全性に対して外国為替ローンを延長できます。 、2016、随時修正されます。

ルール5(B):正規ディーラー以外の人による貸出:

適格居住者事業体は、スケジュールIIIに含まれる規定に従って、インド国外の借り手に対して外貨建て外部商業貸付(ECL)を延長することができます。

ルール6:

インドの居住者によるインドルピーでの借り入れ

ルール6(A):正規ディーラーによる借用:

ADは、スケジュールIに含まれる規定に従って、インド国外からルピー建てECBを調達することができます。

ルール6(B):正規ディーラー以外の人による借用:

i)適格居住者は、スケジュールIに含まれる規定に従って、インド国外からルピー建てECBを調達できます。

ii)インド政府が定義する適格居住者は、海外の多国間金融機関/国際開発金融機関から借りることができます。そのような機関の資金源は、海外で発行されたルピー建て債券または国内調達のリソース、またはその他のソースです。インド政府の承認どおり。

ⅲ) 貿易クレジットは、スケジュールIIに含まれる条項に従って、DGFTの現存する外国貿易政策の下で許容される資本または非資本財の輸入のために、輸入者によってインド国外からインドルピーで調達される場合があります。

ⅳ)上記のサブ規制の対象外である譲渡または証券の発行から生じる債務の性質に対する外国投資は、外国為替管理(インド国外居住者による証券の譲渡または発行)規制、2017に準拠する必要があります。 、随時修正されます。

v)インドに居住する人からの預金を受け入れるか、インドに居住する人に預金を行う人は、そのような口座に保持されている資金の担保に対する貸付/当座借越を含め、外国為替管理(預金)規則、2016、随時修正されます。

vi)インドで設立された会社ではなく、インドに居住している人は、インド準備銀行が指定する条件に従って、インド国外のOCIカード所有者であるNRI / Relativesからインドルピーを借り入れることができます。インド政府との協議で時々。 借り手は、借りた資金が制限された最終用途に使用されないようにする必要があります。

vii)インド議会法に基づいて設立された金融機関は、インド政府の事前貸付の承認を得て、インド国外からルピー建ての借入金を調達することができます。

説明: このようなECBの性質の借入は、スケジュールIに含まれる規定の対象となります。

ルール7:

インドの居住者によるインドルピーでの融資

ルール7(A):正規ディーラーによる貸出:

i)インドのADは、借り手の個人的要件/自身のビジネス目的/インドでの居住施設の取得/インドでの自動車の取得/または定められたローン方針に基づくあらゆる目的のために、NRI / OCIカード保有者にローンを付与することができますADの取締役会により、インド準備銀行の健全性ガイドラインに準拠して。 AD銀行は、借入資金が制限された最終用途に使用されないようにする必要があります。

ⅱ)インド国外の銀行によるインドのADで維持されているルピー口座の当座貸越:ADは、ルピー5億またはその他の準備銀行が規定するその他の金額を超えない金額で、一時的に当座預金を許可します。準備銀行が随時指示する条件に従って、その海外支店または特派員またはインド国外の本社がそれを行います。

ルール7(B):正規ディーラー以外の人による貸出:

i)インドの登録非銀行金融会社またはインドの登録住宅金融機関、または準備銀行が随時指定するその他の金融機関は、場合によっては住宅ローンまたは車両ローンを提供することがありますNRI / OCIカード保有者は、準備銀行が随時規定する条件に従うものとします。 借り手は、借りた資金が制限された最終用途に使用されないようにする必要があります。

ⅱ)インドの事業体は、NRI / OCIカード保有者である従業員に対して、準備銀行が随時規定する契約条件に従って、インディアンルピーでローンを付与することができます。 借り手は、借りた資金が制限された最終用途に使用されないようにする必要があります。

ⅲ) 居住者は、準備銀行が随時規定する条件に従って、自由化送金制度の下での全体的な限度内で、NRI / OCIカード保有者にルピーローンを付与することができます。 借り手は、借りた資金が制限された最終用途に使用されないようにする必要があります。

ルール8:

貸し手/借り手の居住地が変更された場合のローンの継続:

i)認定ディーラー/認定銀行は、準備銀行が随時指定する条件に従って、居住者に付与されたローンの継続を許可する場合があります。

ii)居住者から別の居住者にローンが付与され、その後貸し手が非居住者になる場合、居住者の借り手によるローンの返済は、NRO口座またはその他の口座への貸方によって行われるべきです。貸し手の選択により、準備銀行が随時指定するように、インドの銀行で維持されている貸し手。

iii)NRI / OCIカード保有者がこれらの規則に含まれる規定に従ってインド居住者に貸付を行い、その後貸し手が居住者になった場合、貸付の返済は指定された口座に行われます。貸し手は、貸し手の選択により、準備銀行が随時指定するインドの銀行で維持する。

iv)居住者は、準備銀行が随時指定する条件と制限に従い、インド国外に居住する者として、海外で行われたローンを早期にサービスすることができます。

ルール9

かつての規制の下での借入は、返済期限まで許可されたように継続することができます。

スケジュールI

インド在住者によるインド国外からの借入

適格事業体は、本スケジュールに含まれる規定に従って、インド国外から対外商業借入(ECB)を調達できます。

  1. 借入通貨:

ECBは、自由に交換可能な外貨、およびインド政府と協議して準備銀行が指定するインドルピーまたはその他の通貨で調達できます。

  1. フォーム:

ECBは、準備銀行がインド政府と協議して規定した形式で調達することができます。 現在ECBの対象となっているオプションの転換社債などの特定のハイブリッド商品は、インド政府から通知された場合、特定のハイブリッド商品の規制に準拠します。

  1. 借り手の適格性:

外国為替管理(インド国外居住者による証券の譲渡または発行)規制、新興企業を含む随時修正される2017の観点から、外国直接投資を受け取る資格のあるすべての事業体。 さらに、準備銀行は、インド政府と協議して、ECBを調達するか、既存の適格基準を修正する資格のある他の事業体/セクターを指定する場合があります。

  1. 成熟:

最小平均満期は3年です。 ただし、準備銀行は、インド政府と協議して、特定のセクターの事業体または特定のECBの額、特定の最終用途または特定の公認貸主からの借入のために調達されたECBの最低平均満期規定を規定する場合があります。

  1. 貸し手:

貸し手は、ECBの譲渡を含め、ECBポリシーで定義されているFATFまたはIOSCO準拠国の居住者でなければなりません。 ただし、インドが加盟国である多国間および地域の金融機関も、公認貸し手とみなされます。 さらに、準備銀行は、インド政府と協議して、スケジュールの下で他の貸し手/貸し手のセットを指定するか、既存の規定を修正することができます。

説明: インドの銀行の外国支店/子会社は、外国為替で調達されたECBの公認貸し手としてのみ許可されています。

  1. オールインコスト:

外国為替で調達されたECBの場合、6月LIBORのベンチマークまたは各通貨の適用可能なベンチマークの最大スプレッドは、年あたり450ベーシスポイントまたはインド政府と協議して準備銀行によって規定されます。

インドルピーで調達されたECBの場合、最大スプレッドは、対応する満期のインド政府証券の一般的な利回りに対する、またはインド政府と協議して準備銀行が規定する年間450ベーシスポイントになります。

  1. 最終用途:

このスケジュールに関してインド国外から調達された借入金は、インド政府と協議して準備銀行がネガティブ最終用途リストに規定する活動を除くすべての目的に使用できます。

  1. 借入の個々の制限:

すべての適格な借り手/借り手のカテゴリは、1会計年度あたり最大で750百万米ドルまたは同等のECBを調達できます。 スタートアップの場合、金額は1会計年度あたりUSD 3ミリオンまたは同等額に制限されます。 ただし、準備銀行は、インド政府と協議して、特定のセクターまたは特定の最終用途の事業体によって提起されたECBに対してより高い制限を規定する場合があります。 上記の個々の制限は、インド政府と協議して準備銀行による審査の対象となる場合があります。

  1. セキュリティ:

本スケジュールの対象となる借り手は、これらの規制または本法に基づいて規定されたその他の規制に関して、準備銀行が随時指定するように、貸し手/供給者に担保を提供する場合があります。 また、借り手は、準備銀行が随時指定する条件に従って、借入の担保として企業および/または個人の保証を提供する場合があります。 ただし、銀行、金融機関、および非銀行金融会社は、準備銀行による具体的な規定に従う場合を除き、本スケジュールに基づく借入について、その構成員に代わって海外の貸手に有利ないかなる種類の保証も提供(発行)してはならない。 。

  1. 海外での融資額の駐車:

本スケジュールに基づく借入金の収益は、許容最終用途への利用が保留されている場合、準備銀行が随時発行する指示に従って、海外またはインドに駐車することができます。

  1. ローンの引き出し:

このスケジュールに基づく借入のドローダウンは、準備銀行が実施するシステムに従って、準備銀行またはADからローン登録番号を取得した後にのみ行われます。 非遵守の場合、借り手は、準備銀行が随時指定するペナルティの支払いを求められる場合があります。

ただし、上記のペナルティーの不払いは違反行為として扱われ、その下にある法律または規則で規定されているように、複利または裁定の対象となります。

  1. レポート:

借り手は、準備銀行が随時指定する報告手続を遵守しなければならない。 非遵守の場合、借り手は、準備銀行が随時指定するペナルティの支払いを求められる場合があります。

ただし、上記のペナルティーの不払いは違反行為として扱われ、その下にある法律または規則で規定されているように、複利または裁定の対象となります。

  1. 債務返済:

指定されたADは、本スケジュールに基づく借入に関するガイドラインに沿って、元本、利息およびその他の手数料の送金を行う一般的な許可を有するものとします。

  1. ヘッジ:

準備銀行は、インド政府と協議して、このスケジュールに基づく借入のヘッジ要件を規定する場合があります。

  1. ECBを上げるための利用可能なルート:

すべてのECBは、このスケジュールで規定されたパラメーターに準拠し、指定されたレポート条件に従っている場合、自動ルートで調達できます。 他のすべてのケースは、承認ルートの下でRBIによって検討されます。

スケジュールII

輸入の貿易信用

輸入者は、このスケジュールに含まれる規定に従って、インド国外から貿易信用を調達することができます。

  1. 目的:

貿易信用は、DGFTの現存する対外貿易政策で許可されている非資本財および資本財の輸入の目的、および特別経済区(SEZ)内または別の地域からの非資本財および資本財の購入のために調達できます。 SEZは、準備銀行が随時規定する諸条件の対象となります。

説明: SEZは、SEZ法2005で定義されています。

  1. 借入通貨:

貿易信用は、自由に交換可能な外貨、およびインド政府と協議して準備銀行が指定するインドルピーまたはその他の通貨で調達することができます。

  1. 借入額:

輸入業者は、資本または非資本財またはインド政府と協議して準備銀行が決定したその他の金額の輸入のために、輸入取引ごとに最大で50百万米ドルの貿易信用を調達できます。

  1. 期間:

出荷日から起算される貿易信用の期間は以下のとおりです。

非資本財の輸入について最長1年間で、運用サイクルに関連する期間、または商品の輸入/特定のセクターによる輸入のために準備銀行が随時発行するガイドラインによる期間。

資本財の輸入について最大3年の期間、または準備銀行が随時発行するガイドラインによる期間。

  1. 承認された貸主:

インドの国際金融サービスセンター(IFSC)の海外サプライヤー、銀行およびその他の金融機関、外国資本保有者および金融機関、またはインド政府と協議して準備銀行が決定したその他の事業体。

  1. 費用:

外国為替の貿易クレジットについては、6月LIBORのベンチマークまたはそれぞれの通貨に適用可能なベンチマークの最大スプレッドは、年あたり250ベーシスポイントまたはインド政府と協議して準備銀行によって規定されます。

ルピー建ての貿易信用については、オールインコストは、一般的な市場の状況に応じて、または準備銀行がインド政府と協議して規定するとおりとします。

  1. セキュリティと保証:

本スケジュールの対象となる借り手は、これらの規制または本法に基づいて規定されたその他の規制に関して、準備銀行が随時指定するように、貸し手/供給者に担保を提供する場合があります。 また、借り手は、準備銀行が随時指定する条件に従い、借入の保証として企業および/または個人の保証を提供する場合があります。 さらに、ADカテゴリーIの銀行は、海外のサプライヤー、銀行、または金融機関に有利な銀行保証を発行することを許可されており、基礎となる輸入/貿易信用が既存の規範に準拠していることを保証します。

  1. 報告要件:

報告の要件と手順は、準備銀行によって随時指定されます。

スケジュールIII

インド在住者によるインド国外の借り手への貸付

適格事業体は、本スケジュールに含まれる条項に従って、インド国外の借り手に対外商業貸付(ECL)を拡大することができます。

  1. インドのADは、外国為替管理(外国証券の譲渡または発行)規則2004に従って、インド企業が海外直接投資を行った外国企業に外国為替の外部商業貸付(ECL)を拡張することができます。時々

  1. インドの銀行の外国支店は、インド国外の銀行業務の通常の過程で外国為替ローンを延長する場合があります。

  1. 外国為替(外国証券の譲渡または発行)規則、2004で適宜定義される適格企業は、規定に従って直接投資を行った外国企業に外国為替で貸与することができます。上記の規制の下で。

  1. インド居住者は、インド準備銀行が随時規定する条件を条件として、貿易関連の目的で、EEFCアカウントに保有する資金から外国為替を貸し出すことができます。インド政府と協議して。

  1. インド企業は、貸し手のスタッフ福祉スキーム/ローン規則およびそのスタッフに適用されるその他の条件に従って個人的な目的のために融資が与えられることを条件として、個人的な目的のためにインド国外の支店の従業員に外国為替でローンを与えることができますインドおよび海外に居住。