中央政府。 は、1年2020月XNUMX日をもって、中小企業の分類方法の改訂を通知しました。

  1. プラントおよび機械または設備への投資および/または総売上高に基づくエンティティの分類は、次のように提案されます。
  • マイクロユニット-R&Sまでのプラントおよび機械設備(P&MまたはE)への投資 1クロム そしてRsまでの売上高。 5クロム
  • 小規模ユニット-P&MまたはEへのRsまでの投資。 10クロム そしてRsまでの売上高。 50クロム
  • 中規模のユニット-P&MまたはEへの投資。 50クロム そしてRsまでの売上高。 250クロム

上記のXNUMXつのカテゴリのいずれにも該当しないすべてのユニットは、大企業と呼ばれます。

  1. 特定のカテゴリに分類するには、ユニットはそのカテゴリの両方の基準(P&MまたはEへの投資と総売上高)を満たしている必要があります。 XNUMXつの基準のいずれかの制限を超えると、カテゴリが失われ、次に高いカテゴリに分類されます。

これは、ユニットのカテゴリがXNUMXつの基準(P&MまたはEへの投資と売上高)の下で決定されたXNUMXつの内で高くなることを意味します。

  1. 同じPANの下のすべてのユニットはXNUMXつとしてカウントされ、P&MまたはEへの投資と売上高は分類目的で結合されます。
  2. P&MまたはEへの投資の計算は、前年度に提出されたITRにリンクされます。 それが新しいエンティティであり、以前のITRが存在しない場合、P&MまたはEへの投資の初回価値は自己申告ベースになりますが、この緩和は、最初のITRを提出した年の31月XNUMX日に終了します。
  3. P&MまたはEという用語には、土地と建物および家具と付属品を除くすべての有形資産が含まれます。 それによって、のれん、特許、商標、著作権などの無形資産は、P&MまたはEの価値に含まれません。
  4. P&MまたはEの元の購入値(WDVではなく)は、新品または中古であるかどうかにかかわらず、GSTの金額を除いて、P&MまたはEへの投資を計算するために永久に考慮されます。
  5. 売上高を計算する間、商品とサービスの両方の輸出額は除外されます。 売上高と輸出売上高に関する情報は、GSTプロファイルからインポートされます。 ただし、PANを持たない新しいエンティティの場合、売上高は、31年2021月XNUMX日までの宣言に基づいて最大で受け入れられ、その後、PANとGSTINの両方が必須になります。
  6. 「ウダヤム」という名前の登録ウィンドウは、1年2020月XNUMX日からオープンします。登録のプロセスは、ウディオグアダールの場合とほぼ同じです。 ここでもアーダー数は必須です。
  7. Udyog Aadharに既に登録されている既存のエンティティはすべて、1年2020月31日以降、ただし2021年31.03.2021月XNUMX日までにUdyamに再度登録する必要があります。 Udyog Aadharの下で登録されたすべての既存のエンティティは、これらのガイドラインに従って再分類されます。
  8. 初回登録後、登録されたすべてのエンティティは、指定された期間内に毎年詳細を更新する必要があります。更新しないと、ステータスが一時停止される場合があります。
  9. あなたが提出し、所得税ポータルとGSTポータルから収集した情報に基づいて、分類は随時変更される場合があります。
  10. ただし、分類が上方(たとえば、小から中、または小から小)に改訂された場合、そのような変更が発生した会計年度の終わりからXNUMX年後に有効になります。
  11. ただし、分類が下方修正された場合、翌会計年度の1月15.07.2020日から有効になります。 たとえば、01.04.2021年XNUMX月XNUMX日に詳細を更新し、ステータスが小さいからマイクロに下がった場合、それはXNUMX年XNUMX月XNUMX日から有効になります。
  12. 通常どおり、製造およびサービス提供エンティティのみがMSMEの対象となります。 トレーディングエンティティは、この分類の対象にはなりません。
  13. 最後に、Udyog AadharのようなUdyamでの登録は任意であり、必須ではありません。 ただし、特定の給付(銀行ローンの金利の割引を含む)を利用するには、その登録が必要です。

添付の通知をご確認ください。