以下は、2014年のCSR規則に基づく修正とCSRの対象となる2013年の企業活動に関するスケジュールVIIです。

  • 新しいワクチン、医薬品、医療機器の通常の事業過程での研究開発活動に従事している企業が、19〜2020会計年度にCOVID-21に関連する新しいワクチン、医薬品、医療機器の研究開発活動を行うことができる場合は、 2021-22と2022-23は、

(i)このような研究開発活動は、同法のスケジュールVIIの項目(ix)に記載されている機関または組織のいずれかと協力して実施されるものとします。

(ii)そのような活動の詳細は、取締役会の報告書に含まれるCSRの年次報告書で別途開示されるものとします。

  • 中央政府、州政府、公的機関、または中央政府の機関から資金提供を受けた、科学、技術、工学、医学の分野におけるインキュベーターまたは研究開発プロジェクトへの貢献
  • 公立大学への寄付; インド工科大学(IIT)。 原子力研究所(DAE)の下に設立された国立研究所と自治体。 バイオテクノロジー学科(DBT); 科学技術省(DST); 医薬品部門; アーユルヴェーダ、ヨガと自然療法、ウナニ、シッダとホメオパシー(AYUSH); 電子情報技術省およびその他の組織、すなわち国防研究開発機構(DRDO)。 インド農業研究評議会(ICAR); インドの医学研究評議会(ICMR)および科学産業研究評議会(CSIR)は、持続可能な開発目標(SDGs)の促進を目的とした科学、技術、工学、医学の研究を行っています。

参照用に添付の通知を見つけてください。

通知1

通知2