ソース:Economic Times

金曜日の夕方、ナレンドラ・モディ首相がシャルル・ド・ゴール空港に着陸すると、主に失速している経済と復活したインドが提供する莫大な可能性のため、フランスとドイツの政策立案者の間で期待の空気があります。

予想のレベルは、以前のインド首相の訪問中に明らかになったレベルとは異なります。 フランスのフランソワ・オランド大統領(最近地方選挙で傷ついた)とドイツのアンゲラ・メルケル首相は、インドとの主要な経済取引を行うよう多くの圧力を受けています。

モディが経済を主な焦点として4日間の訪問に到着すると、多くの理解覚書が署名される予定であるが、防衛、スマートシティ、ユネスコ、ディアスポラおよびインド兵士の記憶を称えることに関連する問題への主要な関与が含まれる第一次世界大戦中にヌーヴシャペルで亡くなりました。

フランスとドイツでは、「Make in India」キャンペーンに関連する宣伝がよく知られていますが、フランスとドイツの新規投資家は、税に関連する問題のより多くの配信とビジネスの迅速な手続き手順を見たいと考えています。

南アジア研究センターのシニアフェローであるJeanLuc Racineは、Jaitapurでのフランスの原子力工学会社Arevaのプロジェクトに関連する会談について、HTに次のように述べました。アレバとラファレは、重要な技術の移転を含むインドとの主要な契約は、FDIの促進に関する公式の言説がどうであれ、(非常に)長期にわたるプロセスであることを証言しています。

ハイデルベルク大学のスブラタミトラは次のように述べています。「ドイツの訪問は、文化(インドの大学/学校でのドイツ語のステータス)や宗教(キリスト教徒への攻撃)よりも経済、経済協力、貿易条件に関心があるでしょう」 。

モディのパリ滞在中に、グアドループ、マルティニーク、フランス領ギアナ(南アメリカ)、レユニオン、マヨットの5つのフランス領に住む大陸を越えてインド人の人々を同時に演説する予定のまれなディアスポラ関連のイベントが計画されています。