ソース:Economic Times

米国の製造業は本日、インドに投資する準備ができていると述べたが、そのためにはナレンドラ・モディ首相がすべての人々の競争条件を平準化し、協力と革新を奨励し保護する「深刻な政策改革」を制定する必要がある。

「今では、私たちが構想する理想に満たない現実を単に受け入れない時ではありません」と、米国製造業者協会(NAM)の社長兼CEOであるジェイ・ティモンズは、この会議で語りました。

「今こそ、良い言葉が善行によって裏付けられていることを確認し、私たちが求める変化をもたらし、私たちの国と世界の最大の機会のいずれかを前進させるために一緒に前進し続ける時です。 そして、それが起こったら、米国のメーカーは準備ができています」とティモンズは言いました。

「米国および世界中の製造業者はインドへの投資を切望していますが、まず、モディ首相は、すべての人々の競争の場を平準化し、協力と革新を奨励し保護する真剣な政策改革を実施する必要があります」

NAM / CQ Roll Callとエコノミストの「Breakfast Briefing:Is India Open for Business」で話して、ティモンズは1年以上前に、Modiがインドを「ビジネスに対してオープン」と宣言し、投資を奨励することを約束したとき、メーカーは奨励されました。彼の希望に満ちたレトリックはまだ具体的な政策改革に変わっていません。

「簡単に言えば、結果が表示されていません」と彼は付け加えました。 「一例として、Modi政府は少なくとも、国内IPR政策草案において、国内外のイノベーターを保護するために、弱い知的財産権を強化することの重要性を認識していると述べた」と述べた。

「しかし、現実には、政府はこの目標を実現するための重要な政策変更を実施していない」と彼は付け加えた。

同様に、外国投資を増やすために国の市場を開放するというモディの話は、インドが以前に合意したWTO貿易円滑化協定を失い、160諸国を含み、世界経済に約1兆ドルを追加する取引を危険にさらしたとき、打ち切られました。

「最終的には、インドとWTOは昨年末に契約に合意しましたが、インドはまだ合意を守ることに力を入れています」とティモンズは言いました。

「インドの政策は、米国およびその他の国が国境を越えて当社の製品を販売する能力を妨げ、グローバル市場に完全に参加するインドの能力を妨げています。 インドは、世界で10番目に大きな経済国です。 しかし、今日、それは米国の輸出の上位15宛先の間でもありません」と彼は指摘しました。

米国国際貿易委員会は、インドが差別的な障壁を取り除き、知的財産保護を改善すると、インドへの米国の輸出は3分の2増加すると述べた。14.4十億ドルに相当し、米国の投資は約2倍になると彼は言った。

「米国および世界中のメーカーはインドへの投資を切望していますが、まず、モディ首相は、すべての人々の戦場を平準化し、協力と革新を奨励し保護する真剣な政策改革を実施する必要があります。」前記。