ソース:Tax Guru
インドの企業の歴史:

昨年、ビジネスは比較的簡単に運営できました。 管理された環境と合理的な法的枠組み(ライセンスと許可)があり、各ビジネスの運営を統制および規制していました。

定期的な監査と検査が行われ、メディアは少し抑制され、あまり積極的ではありませんでした。

今のシナリオ

グローバリゼーションの到来は、企業が視野を広げる多くの機会を本質的に開きました。 ただし、これにより操作の複雑さが増しています。 規制はまた、新たな課題に対応するために大規模な変更を受けています。 メディアは今や、報道に値するものすべてに鋭く目を光らせている強力な勢力となっています。

規制当局は現在、最初に新しい法律を策定するか、既存の法律または法律を改正して、さまざまなビジネス環境を取り入れるために手を尽くしています。 もう1つの重要なタスクは、これらの新しい法律の遵守を確保することです。 規制当局は、適切な技術的サポートにより、これらの新しいタスクに対応できるようになりました。

コンプライアンス:

法定コンプライアンスとは何ですか?

法令とは「法令の」または「法令に関連する」ことを意味します。これは規則として認識されています。 コンプライアンスは順守を意味します。 したがって、最も単純な用語でいう法定とは、規則や規制を順守することを意味します。

厳しい規制環境に対処するには、組織が立ち上がってさまざまな法律に注意を払うことが重要です。 これらの法律へのコンプライアンスを維持し、リスクを最小限に抑えるための効率的かつ効果的な方法を考案する必要があります。

コンプライアンス違反は、特に2011以降、多くの組織に広く公表された障害と重大な懲罰的損害をもたらしました。

コンプライアンスを管理の焦点の1つとして持つことの利点のいくつかを以下に概説します。

  • コンプライアンスに関する意識の向上により、経営者はコンプライアンス違反に伴うリスクを軽減し、後退を防ぐことができます。
  • 組織は、完全に準拠しているという実績があるため、競争上の優位性を得ることができ、評判と親善が得られます。
  • 有害なインシデントのリスクが低下します。 このような事故が発生した場合、コンプライアンスシステムが整っているため、状況の重大性が軽減されます。
  • 顧客および従業員の個人データのセキュリティは規制で扱われ、適切に対処された場合、従業員および顧客の忠誠心が生じます。

したがって、コンプライアンス管理に積極的に取り組む組織は、ほと​​んど常に、より安全で効率的で信頼できる組織であることは明らかです。

コンプライアンス違反のリスク:

当局によって指定された規則や規制に準拠していない企業は、コンプライアンス違反のリスクを負い、これがビジネスの最終利益に大きな影響を及ぼす可能性があります。

コンプライアンス違反のリスクの一部を以下に概説します:

組織に対する刑事訴訟および経済的損失。
評判の低下とビジネスの完全性。
顧客の忠誠心は大きな影響を受けます。

法定コンプライアンス管理:

今日のビジネス環境はますます複雑になっているため、ビジネスの運用上のニーズに対応することは非常に困難であり、途方もない作業になります。 同時に、それに注意を払わないと、懸念に大きな損害を与える可能性があります。

これを防止し、適切なサポートを提供するために、組織は法定コンプライアンスの専門家の助けを求めることができます。

このようなADPのような法令順守管理会社は、規制の設定をより深く理解しており、組織に専門的なサービスを提供しています。 所定の登録簿や文書の日々のメンテナンスから、年末の計算や報告書に至るまでのプロセスを合理化します。

以下は、法令順守管理組織によって実行されるタスクの一部です。

ライセンスと登録
必要なレジスタの保守と維持。
責任の計算とその支払い。
定期的な法定報告書の作成と提出
政府が開催する定期的な法定検査への出席。 必要に応じて職員

結論:

現在のビジネスシナリオでは、多くの企業がコンプライアンス管理に細心の注意を払うようになり、完全にコンプライアンスを達成することのリスクと報酬を認識しています。

ただし、ほとんどのコンプライアンスイニシアチブは、通常、特定の規制のコンプライアンスの期限を満たすか、計算の誤りを急いで実現するプロジェクトとして開始されます。 これはコンプライアンスへの反動的なアプローチです。

ただし、コンプライアンスは一度きりのイベントではありません。 組織は、コアプログラムに集中できるように、予防プログラムを導入してコンプライアンスプログラムを再設計し、組織をより効率的かつ効果的にする必要があります。

法令順守組織は、ビジネスが従うために必要な規則と規制に関する専門知識を提供することにより、確実に負担を軽減します。 これにより、会社は目標をスムーズに達成できます。