税務サービス

近年、インドの税環境は劇的に変化しました。 経済の透明性を高めるために、インド政府は組織を税法に準拠させるためにいくつかの対策を講じてきました。 国の特定の地域に起業促進ための投資を誘致し、経済発展を促進するために、税制優遇という形でさまざまなインセンティブが導入されています。 法人税率は引き下げられていますが、特定の控除は段階的に軽減される措置が講じられていますので注意が必要です。 ただし、これらの税制上の優遇措置を利用するためのコンプライアンス準拠は、インドの複雑な税制により対応が難しくなっています。 所得税申告フォームはさらに複雑で、詳細な企業情報開​​示が必要です。 非正確で不完全な情報の開示には罰則が与えられるリスクがあります。 起業は増え続けるコンプライアンスを順守するだけでなく、既存の規制フレームワークの枠組み内で税務責任を最小限に抑えるために、事業計画を戦略化して実行する必要もあります。 このため、当社の税務専門家チームは、クライアントが必要なコンプライアンスに対応し、税務上の懸念に対処できるように常時情報アップデートに努めています。

直接課税

A. 法人税とコンプライアンス:

当社の法人税チームは、クライアントのパフォーマンス向上と義務の遂行を支援するために、組織のニーズを深く理解しています。 私たちのサービスは次のとおりです。

B. 税務当局および紛争解決前の表明

厳格でより複雑な税構造が今日の標準になりつつあるため、税務当局は税務全体における執行活動においてさらに積極的になっています。 このような状況下では、組織が運営する管轄区域の司法的枠組みを理解し、税務紛争を解決し、組織が行うさまざまな取引の税務上の影響を理解するために、すべての組織は技術サポートを必要とします。

当社の税務専門家チームには、税務紛争を解決する経験が豊富で、収益とクライアントの両方の観点から経験のある政府高官も含まれており、訴訟や紛争を回避するために組織が取引を戦略的に計画できるようサポートします。 ただし、このような紛争が発生した後は、税務署員の前で訴訟を代表し、プレゼンテーションを行い、紛争を効率的かつ有利に解決します。

間接税

インドの間接税の状況はその進化の段階にあります。 間接税は、中央レベルと州レベルの両方で課税されます。 組織は、間接税の観点から事業構造を分析し、報告などの形で増え続けるコンプライアンスに対応していることを確認するという課題に直面しています。UJAは、取引の構造化、GSTの助言、消費税、サービス税、VATおよび入国税法のレガシー問題を含む税関、税効率の高いビジネストランザクションの再構築、複雑な税法の解釈、リスク軽減、表現についてクライアントにアドバイスします。裁定および上訴当局からの紛争解決フォーラム、経済特区(SEZ)と税制休日地域への投資を含む、貿易と税のさまざまな規制について助言し、WTOの貿易保護措置(アンチダンピングとセーフガード義務、輸出入管理、反プロフィッシング基準、娯楽税、法的措置など)計量、医薬品、化粧品の規制、とりわけ輸出奨励制度に準拠したアドバイスを提供します。

物品サービス税(GST)

GSTの導入は、国の間接税構造に大きな改革をもたらしました。 これは、多層税制を単一の税に統合することを目的として導入されました。 GSTの導入は、ほとんどすべての組織の事業運営に大きな影響を及ぼしています。GSTコンプライアンスは「マッチングコンセプト」が導入されました。つまり、バイヤーとセラーのデータを定期的に照合して、税の漏れをなくすシステムです。

GSTに基づくコンプライアンス

間接税に基づく訴訟サポート

貿易政策

諸外国との貿易政策(FTP)は、商品やサービスのインドへの輸出を促進し、雇用を創出し、国への付加価値を高めるために政府によって導入されました。

サービス一覧

事業報告

毎日アジアビジネスレポート2021年5月号

毎日アジアビジネスレポート2021 年3 月号

毎日アジアビジネスレポート2021 年1 月号

毎日アジアビジネスレポート2020 年11 月号

毎日アジアビジネスレポート2020年9月号

毎日アジアビジネスレポート2020年7月号